世界図案百科-古代ギリシャからアール・ヌーヴォーまで

  • 81人登録
  • 3.28評価
    • (1)
    • (4)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 青幻舎 (2008年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861521799

世界図案百科-古代ギリシャからアール・ヌーヴォーまでの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 動植物や人物をモチーフにした世界中のさまざまな文様が、種類ごと(ドラゴン、ハス…など)に納められている。同じモチーフでも国や時代によってこんなに違うものか、という見方もありかと。あと年賀状とか消しゴムハンコ作りにも役立ちますぞ。

  • 森美術館で目について
    中国ヨーロッパが多いような

  • 見てるだけで楽しい図案集。動物・植物・人物。

  • 眺めていて、とても楽しい本だ。
    本を開くたびに、惹かれる絵が変化する。
    気が向いたときに眺めている。

  • 動物の図案が面白い。

  • 眺めたり模写したり。机の上でひとり、世界図案旅行。

  • かわいい!

全7件中 1 - 7件を表示

世界図案百科-古代ギリシャからアール・ヌーヴォーまでを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界図案百科-古代ギリシャからアール・ヌーヴォーまでを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界図案百科-古代ギリシャからアール・ヌーヴォーまでを本棚に「積読」で登録しているひと

世界図案百科-古代ギリシャからアール・ヌーヴォーまでの作品紹介

古今東西の文様、約3200点を集成した実用事典。
メソポタミヤ、エジプトなど文明の発祥から、近代のアールヌーボーに至るまでを網羅し、
地域もペルシャ、ヨーロッパ、中国、東南アジア、日本など、
ほぼ世界全域に及ぶスケールを有する。
動物、植物、人物により構成されており、衣装や陶磁器などの日常の用具から、
壁画、建築、武具、諸工芸に至るまで、人類がさまざまな意味と効果を付与しつつ
受け継いできた文様を幅広く収録しました。
寄稿=井岡美保(カナカナ)

世界図案百科-古代ギリシャからアール・ヌーヴォーまではこんな本です

ツイートする