北斎漫画 <全三巻> 第一巻「江戸百態」 (Hokusai Manga Vol 1)

  • 163人登録
  • 4.21評価
    • (15)
    • (11)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 葛飾北斎
  • 青幻舎 (2010年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861522802

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川島小鳥
ウォルター・アイ...
シーナ・アイエン...
三浦 しをん
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

北斎漫画 <全三巻> 第一巻「江戸百態」 (Hokusai Manga Vol 1)の感想・レビュー・書評

  • 北斎が目にした、ありとあらゆる森羅万象のスケッチ。
    『富嶽三十六景』に描かれた自然の風景や、名も無き市井の人々の表情が、この『北斎漫画』の中にも見てとれる。
    鰻を描かせても墓石を描かせても、なぜかエレガントな風味。
    やっぱり北斎の画力は、天才的!(もちろん努力もあっただろう。)
    あー、風が吹いてる。雨が降ってる。
    北斎が、現代のアニメーションに出会っていたなら、さぞかし…
    画狂老人卍(享年90歳)

    『北斎漫画』 全15編をテーマ別に再編成し、3巻に文庫化した内の第1巻。

  • 北斎さんの弟子に向けた教本。
    絵はもちろん素晴らしいが、少しさみしい本。
    見えない風を描いた絵が秀逸。

  • どの絵も食い入るように見てしまうので、ついつい読み終えるのに時間がかかるのは仕方が無い。
    躍動感あふれるポージング、現代の私たちが学ぶことのできる江戸時代後期の生活。
    そしてかつての日本人がどれほどあっけらかんとしていたかも垣間見える。
    近所の人たちから旅の人たち、あやかしや動物、あらゆる動植物、建物・風景、道具、乗り物。色々な物を見ては描き、家を移っては描き、出かけては描いていたのだろう。
    興味が尽きることはなかったのだろう・・・などと勝手に思う。

  • <閲覧スタッフより>
    人物・風景・動植物から風俗まであらゆるものを描いた圧巻の絵手本。近代西欧を魅了したジャポニスムの粋、その後に続くマンガやアニメーションへの計り知れない影響、『北斎漫画』はコメニウスの『世界図絵』に次ぐ百科全書と言っても過言ではありません!

    --------------------------------------
    所在記号:文庫||721.8||カツ
    資料番号:10203082
    --------------------------------------

  • 素晴らしいの一言!!
    日本にこんなアーティストがいたことは誇り。
    時代の壁も越えて、楽しめる絵ばかり。
    自然・道具・家屋の描写もその細やかさに溜め息が出るほどだが、なんといっても人間達の表情の豊かさ!
    皆やわらかく、体温や感触、威勢のいい話し声まで聞こえてきそう。
    ぐだぐだしてる人がかなり多くていいw
    あと表紙にもあるが、変顔シリーズがかなりお気に入りですw
    江戸時代にも変顔はあったんだね…
    ビデオやカメラもない中で、これだけ人間の動きを詳細まで再現できていることに、驚きを隠せない。
    その晩年の名の通り、画に狂い、画を愛した人だったのでしょう

  • 内容紹介
    天才・葛飾北斎の魅力のすべてが凝縮された 世紀のベストセラー「北斎漫画」待望の文庫化!
    現代より遡ること200年。
    江戸末期刊行の歴史的ロングセラー、『北斎漫画』(全15編)を文庫サイズに再編集する全三巻のシリーズ。
    第一巻は「江戸百態」として、市井に暮らす人々の姿や風俗、
    生活用具や建物など、江戸の日常を描いた図版を総集。
    「人物絵鑑」「日常茶飯」「動態活写」「道具百科」の4つのカテゴリーで構成。
    北斎に学ぶ、現代の絵手本帖としての魅力を最大限に引き出します。
    後世の「MANGA」大国に、多大な影響を見せる戯画的表現や、
    4コマ割、ストーリーを感じさせる動的描写が満載。
    テーマ、モチーフ、描法と、北斎の「すべて」が凝縮された、 待望のシリーズ第一巻!
    解説:永田生慈(すみだ北斎美術館)
    コラム:会田誠(美術家)
    アートディレクション:祖父江慎
    第二巻、第三巻は12月発売予定です。

  • 表紙にもなっている、「縦」・「横」は最高です。男が鏡を見ながら、顔を縦長にしたり、横に引きのばしたりして遊んでいるだけ。ただそれだけなのに、一度見たら忘れない。そんな味のある絵の塊です。

  • ヒット作。葛飾北斎の狂気の全てがここに。圧倒的な画力、そして量にビンビンだ。

  • 江戸を舞台にした小説なんかを読むときの参考書的な存在。面白いです!!漫画とは、よろず(万)の画。徒然に綴った北斎のカット集。仕事のときは、江戸の人たちは、かなりの確立で半裸になっています。あと、北斎の描く妖怪たちが随所に登場します。

  • 誰がなんと言おうと北斎。

  • ■書名

    書名:北斎漫画 <全三巻> 第一巻「江戸百態」
    著者:葛飾 北斎

    ■概要

    葛飾 北斎さんが色々と書いた絵をまとめた一冊

    ■感想

    題名は"漫画"ですが、今の漫画ではありません。

    葛飾北斎さんが、弟子達に絵の手ほどきをするための教科書
    として書いた手本集です。

    今回は全3巻に納めていますが、江戸当時は、15編にも渡って
    リリースされていたベストセラーだったようです。

    これを見ると、この方は本当に何でも書ける方というの
    が分かります。

    人物、風景、建物などなど、非常に上手です。

    本書は、漫画ではなく、絵の手本集ですが、葛飾北斎ファン
    にはたまらない一冊だと思います。
    他2巻はまだ見ていませんが、機会があれば見てみたいです。

  • 北斎の画集が文庫版になったもの。全三巻。
    この画集の初版が1814年というのがすごい。描かれてある内容も、市民、妖怪、建築などありとあらゆるものを描いている。そしてどの絵も味わい深い。
    人の跳躍の一瞬の描写、力士がぶつかり合い力が均衡している描写、不動の風景の描写、どんなものでも鮮やかに描ききれるということを体験できる本だと思った。
    そしてこの本は漫画と題打っているが、厳密なストーリーは無い。一ページで絵がほぼ完結している。しかしそれを類型化、分類することで、一つのストーリー、タイムラインを持って漫画のように見ることができるのがすごい。

  • 『北斎漫画』第一巻「江戸百態」/第二巻「森羅万象」(葛飾北斎著/青幻舎/1500円+税)ブックデザインは祖父江慎さん+鯉沼恵一さん(コズフィッシュ)。
    http://www.seigensha.com/

    北斎漫画は、いろいろな版元がいくつもの本を出していますが、それらはどれも、ちょっと手に取りにくい感じがしていました。浮世絵に詳しくもない私がちょっと買うというには敷居が高い感じとでもいうんでしょうか。

    でも今回、青幻舎から出た『北斎漫画』は、文庫本サイズという判型の手軽さもありますが、何と言ってもカバーに印刷された装画のインパクト! 第一巻の両手で目や口をビローンと伸ばして変な顔をしている装画を見て、思わず腰が砕けました。

    そして気になって手に取り、中を見てみると……。ん? 和紙に刷ってるの? いや、違う。思わずスリスリ触ってみるも、うーん、普通の書籍用紙っぽい(OKソフトクリーム バニラかな?)。

    よく見ると、元の和本の感じを出すために、紙の質感というか少し汚れた感じが、印刷されてる! うわ! すごい!!

    これ、私の説明ではよくわからないと思うので、ぜひ近くの本屋さんで実物を眺めてみてください。ざらっとした和紙に刷っているように見えて、絶対、紙の表面をさわっちゃいますよ。

    私は古書も好きで、昔の図案集とか印刷見本とか書体見本なんかを見つけると、お小遣いの許す限り、買ってしまうのですが、たまにそうした古書が復刻されて発売されることがあります。でもなぜかその復刻には、食指が動かないことが多いんです。なんでかなぁと考えたんですが、復刻になると、ツルッとしてしまうというか、元の本に潜んでいる時代感とか、元々の力みたいなものがそがれてしまっているような気がして、復刻にはワクワクしないんだなと思い至りました。

    でもこの北斎漫画は、元の和本のような感じ(といっても、元を知っている訳じゃないんですが……)がしっかりとこもっていて、木版で刷った底本に近い感じを受けました。これ、製版がものすごく大変そう。その労が大きく開花した『北斎漫画』、一見の価値ありです。

  • どの本か忘れましたが「北斎漫画」じたいは以前図書館で借りてきて読んだことがあります。
    欲しいなあと思いましたが、ちょっと高くて手が出なかった。
    1冊1575円の文庫が全3冊なら耐えられる範囲内かな。
    この内容は文庫でもさほど見劣りしないだろうし。

  • この値段・この紙質・この分厚さはすごい。ただ文庫サイズなので、細部の印刷がかすれているのが少し残念…。

  • 江戸時代のベストセラーかつロングセラー。もちろんいわゆるマンガではないけれど、そのご先祖様のようなところはある。北斎は本当に凄い人だったと改めて感嘆するも良し、江戸時代の空気を感じて当時の暮らしを妄想するも良し。

    「本書では、『北斎漫画』の原本を絵手本として再構成し、三巻に仕立てた。
    第一巻では「江戸百態」として、市井の人々の姿や風俗、生活用具や建物などの江戸の日常を描いた図版を総集。第二巻は「森羅万象」として動植物、名所・名勝といった自然風物を描いた図版、そして第三巻目では北斎の想像の世界や故事を描いた「奇想天外」で締めくくる」

    あとの2巻も楽しみです。

全16件中 1 - 16件を表示

北斎漫画 <全三巻> 第一巻「江戸百態」 (Hokusai Manga Vol 1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

北斎漫画 <全三巻> 第一巻「江戸百態」 (Hokusai Manga Vol 1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

北斎漫画 <全三巻> 第一巻「江戸百態」 (Hokusai Manga Vol 1)を本棚に「積読」で登録しているひと

北斎漫画 <全三巻> 第一巻「江戸百態」 (Hokusai Manga Vol 1)の作品紹介

天才・葛飾北斎の魅力のすべてが凝縮された 世紀のベストセラー「北斎漫画」待望の文庫化!
現代より遡ること200年。
江戸末期刊行の歴史的ロングセラー、『北斎漫画』(全15編)を文庫サイズに再編集する全三巻のシリーズ。
第一巻は「江戸百態」として、市井に暮らす人々の姿や風俗、
生活用具や建物など、江戸の日常を描いた図版を総集。
「人物絵鑑」「日常茶飯」「動態活写」「道具百科」の4つのカテゴリーで構成。
北斎に学ぶ、現代の絵手本帖としての魅力を最大限に引き出します。
後世の「MANGA」大国に、多大な影響を見せる戯画的表現や、
4コマ割、ストーリーを感じさせる動的描写が満載。
テーマ、モチーフ、描法と、北斎の「すべて」が凝縮された、 待望のシリーズ第一巻!
解説:永田生慈(すみだ北斎美術館)
コラム:会田誠(美術家)
アートディレクション:祖父江慎

北斎漫画 <全三巻> 第一巻「江戸百態」 (Hokusai Manga Vol 1)はこんな本です

ツイートする