松丸本舗主義 奇蹟の本屋、3年間の挑戦。

  • 246人登録
  • 3.76評価
    • (8)
    • (21)
    • (10)
    • (1)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 松岡正剛
  • 青幻舎 (2012年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (540ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861523625

松丸本舗主義 奇蹟の本屋、3年間の挑戦。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夏季休暇中5日も東京に居たのに、、、行けませんでした(次に行った時には、もう一度寄りたいです)。

    青幻舎のPR
    「さらば!松丸本舗 人と本をつないだ奇跡の本屋の挑戦

    松岡正剛が、英知と哲学と汗と夢をつぎこんでつくった本屋・松丸本舗。
    (丸善・丸の内本店4階に2009年パイロットショップとしてオープン)
    実験的空間として本好きのメッカとなるが、時限空間であり9月末閉店が決まった。
    65坪、各1冊・10万種、289棚、1074日間。
    松岡正剛が松丸本舗で体験したこと、技のすべてを公開し、人と本をつなぐ本屋の可能性を未来に向けて提言する。
    緊急刊行、松岡正剛渾身の書下ろし!

    著者:松岡正剛
    寄稿:エッセイ 高山宏/町田康/杉本博司/森村泰昌/隈研吾/田中優子 」

  • 本棚を編集するという考え方は
    今まで自分の中には無かったので
    やってみたが、なかなか難しい。

    個性的な、普段出て来ない言葉を含むものを
    たくさん読まないと
    自分の中から出てくる言葉が単調になるので
    来年はもっと、個性的な読書をしたいものである。

  • 誰かの書棚のようで、書店員が話しかけてくる。そういう印象を持っていた松丸本舗ですが、まさにそのように作られていたのだと。
    我が浜松でもご多分に洩れず書店は次々になくなっていくけれど、図らずもこの本を読んだその日に、書店の店員にお薦め本を話しかけられた。シンクロニシティを感じた。
    もっとここにいたい、という感覚。僕は電子書籍肯定派だけれど、電子書籍書店では絶対に味わえないこの感覚を大事にしなければいけない。

  • ありがとう!松丸本舗。
    これを読んで、なお一層あの空間に身を委ねられないことを悔しく思う。
    私も断然、松丸本舗主義。

  • 125
    どんな本もどこかでつながりあっている p140
    「本」と「人」と「場」を近づけた p142
    キーブック p220
    自宅の書棚をテーマに。 p271
    ブックギフトプロジェクト p280
    目次読書法 p309
    共読ライブラリー p320
    黒板本棚 p321

  • 松丸本舗にて閉店2日前に入手。そのときまで閉店するなんて知らなかった・・・
    この分厚い本の前半を読めば(後半は松丸本舗へのラブレター)、立ち上げから3年後に閉じる理由はわかるが、「残念至極!」の気持ちはますます膨らむばかり。
    セイゴオ氏の「図書街」の目も眩むような世界観、ブックショップエディターが念入りにたくらみを込め構成した本棚、本棚ごと発信される「ブックウェア」、本棚から発信されるメッセージを繋ぎ知とする場としての本屋・・・どれも今となっては幻のように思える
    しかし、松丸本舗から放たれた「ブックウェア」は、「九条の旋法」とともに、本を偏愛する人たちの心にあり続けて、青い花咲く「本」国でいつかまた現れるに違いない。その日を夢見て今日もまた本を読もう。

  • 4〜5

  • 復活してほしい。

  • 松丸本舗は、著者が考えた理想の本棚を持つ実験的な書店で、オープンからわずか3年で閉店してしまった。この本では、この書店の企画から閉店までの経緯を著者自身が解説し、またこの書店を訪れた著名人の感想も併せて収録している。
    松岡正剛の本を何冊か読んだことがあるが、予備知識が無い自分には難解でとっつきにくかった印象がある。博覧強記で独自の観点を持つ彼の理想の書店がどのようなものか興味があり読んでみた。
    まず写真を見た印象として、予想した通り緻密に練られたコンセプトで、ある程度教養のある人には理解できる面白い書店だったようだ。本をテーマごとに分けて、本と本の繋がりが判るように並べる。それで知の世界の広がりを表現する。書店にはフリーに動けるアドバイザーを置いたり、本棚の形を工夫したり、本を縦横に積み上げたり、本に纏わるグッズを提案したり、様々な面白い試みがされていたらしい。本好き(特に教養書)には、居心地の良い空間だったのだろう。著名人の寄稿も、この書店の面白さを好意的に紹介する内容が多かった。
    わずか3年で閉店してしまったのは、商業的には上手くいかなかったということだろう。本棚も見た目は面白いけれど、難しい単行本が多く、気になる本があっても本棚から抜くのに抵抗があったのかもしれない。本があり過ぎて居心地が良くなかったのかもしれない。購買意欲を上げる何かが足りなかったのだろう。それは実際に行った人しか判らないと思う。もし今後、松丸本舗が再開される事があれば、是非訪れてみたいと思う。
    ちなみにこの本は、500ページ余りで内容も上手くまとめてあるが、分厚くて持ちにくくて疲れた。著者の専門である編集工学を活用して、もう少し薄くて持ちやすい本にして欲しかった。

  • 『ブックウェア』をメインコンセプトとした、松丸本舗。
    ブックウェア ⇒本と、人(エディター)と、場(本棚)
    とにかく、閉店が惜しい。惜しまれる。
    その想いが、綴り語られ詰まった約500ページ。

    松丸本舗の店員さんとも、直接話をしてみたかった。

    また、松岡正剛氏の編集術。本の地図の旅の具現化など、『松丸本舗』の仕事を通じて語られる様は、いつもよりも具体を感じやすい。

全22件中 1 - 10件を表示

松岡正剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジュンク堂書店新...
クリス・アンダー...
J.L. ボルヘ...
クラフト・エヴィ...
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

松丸本舗主義 奇蹟の本屋、3年間の挑戦。に関連する談話室の質問

松丸本舗主義 奇蹟の本屋、3年間の挑戦。に関連するサイト

松丸本舗主義 奇蹟の本屋、3年間の挑戦。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

松丸本舗主義 奇蹟の本屋、3年間の挑戦。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

松丸本舗主義 奇蹟の本屋、3年間の挑戦。を本棚に「積読」で登録しているひと

松丸本舗主義 奇蹟の本屋、3年間の挑戦。の作品紹介

さらば!松丸本舗 人と本をつないだ奇跡の本屋の挑戦

松岡正剛が、英知と哲学と汗と夢をつぎこんでつくった本屋・松丸本舗。
(丸善・丸の内本店4階に2009年パイロットショップとしてオープン)
実験的空間として本好きのメッカとなるが、時限空間であり9月末閉店が決まった。
65坪、各1冊・10万種、289棚、1074日間。
松岡正剛が松丸本舗で体験したこと、技のすべてを公開し、人と本をつなぐ本屋の可能性を未来に向けて提言する。
緊急刊行、松岡正剛渾身の書下ろし!

ツイートする