いろは判じ絵 —江戸のエスプリ・なぞなぞ絵解き

  • 133人登録
  • 3.78評価
    • (3)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 岩崎均史
  • 青幻舎 (2014年3月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861524356

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
佐々木 圭一
西 加奈子
tupera t...
村田 沙耶香
三浦 しをん
西 加奈子
エラ・フランシス...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

いろは判じ絵 —江戸のエスプリ・なぞなぞ絵解きの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現代には無いお道具や決まりごとに苦戦.それに絵も雑なところがあって分かりづらいところもあるが,なかなか面白かった.ユーモラスで思わず笑うところも.

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50104864&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 以前、クイズ番組で紹介されていて、判じ絵に興味を持った。
    テレビで紹介されていたものはほとんど解けたのだけれど、どうやら現代人にも分かりやすい“サービス問題”だったらしい。
    この本では解答の部分を栞でかくして頭をひねってみたけれど、多分回答率一割以下…
    江戸の日用品の名前が分からないし、地名が分からないし、旧かな遣いが分からないし。
    武者絵を見て、義経だとか、渡辺綱だとか…
    極めつけ、江戸っ子は「ひ」と「し」がごちゃ混ぜ!(笑)

    しかし、このナンセンス、ヘタウマ絵、江戸人のユーモアが非常に面白かったです。
    ダジャレ、おやじギャグの宝庫でもある。
    あと、江戸人の、楽しむことに関しての意識やレベルの高さも感じます。
    絵は、浮世絵と同じく、版画。
    たくさん摺って、気軽に売られていたようです。

  • 配置場所:1F電動書架C
    請求記号:721.8||I 96
    資料ID:W0181428

  • 絵をじっと見た^_^

  • 山口晃さんと、判じ絵の研究者である作者の対談が面白い。

  • 判じ絵とは、いわば目で見るなぞなぞ。江戸時代に隆盛を極めた。江戸の世の絵を眺め、なぞなぞを解きながらちょっとしたタイムスリップを楽しめる。300年の時間を経ても変わらないおかしみ、滑稽、諧謔に何とも言えない興趣がある。馬鹿馬鹿しさが、なかなか笑わせる。今も昔も人間の本質には全然変わりがない。不思議な実感をおぼえた。

  • ●:引用、他:感想

    以前から新聞などで取り上げられることもあり、興味があった。

    ただ判じ絵の種類が少なく、もっと多くの判じ絵を見てみたいと思っていた。(判じ絵は多数あると勝手に思い込んでいたが、実際多くあるようだ。)

    今回、希望がかない、多くの判じ絵にチャレンジしてみたが、思った以上にその判読は難しかった。

    当時は常識であった人物名、物の名前に知識がないため、絵を見てもまずそれが何か分からなかった。また、前書き、対談でも述べられているが、本書がジャンル別(「もの尽くし判じ絵」)ではなく、いろは順の頭文字で分類されていたためかもしれない。

    といった訳で、判じ絵といいながら、答えを見ながらの読書となってしまった。 

    ●元は「江戸名所」とか「勝手道具」など、一つのカテゴリーでくくられて、そのお墨付きで一枚となっているわけですから、そのカテゴリーの中に答えがあるわけでしょう。それに比べると、今回は問いをいろは順に並べているので頭文字だけはわかっていますけれど、難しいと思いますよ(笑)。ただ、カテゴリーが、時代を超えて、現代においてはヒントにならなくなっているところもあります。
    ●どうでしょう。やっぱり身近なものが多いですけれどね。自分の生活からかけ離れたもんもを出題されても困っちゃうわけで、食べもの、植物、地名あたりの身近なものがほとんどですよ。まあ、庶民の知識のうちのものですね。ただ、それが今の人の知識のうちから遠のいてしまったので、今の人が<判じ絵>をやると難しいというだけです。
    ●きっと、着物の家紋なんかも合わせてあるのでしょうな。

  • 見ているだけで楽しい。。。

    青幻舎のPR
    http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-435-6

全9件中 1 - 9件を表示

いろは判じ絵 —江戸のエスプリ・なぞなぞ絵解きを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いろは判じ絵 —江戸のエスプリ・なぞなぞ絵解きの作品紹介

江戸の脳トレ!?さあ、頭文字をヒントに江戸時代の頭脳と遊び心を想像力豊かに解いてみましょう!

江戸時代、大人から子どもまで広く庶民に流行した「絵で見るなぞなぞ」、判じ絵。浮世絵師が趣向を凝らしたさまざまな図柄の組み合わせから生まれた珍問・難問を、いろは順に分類して紹介します。

◆問い総数500点
◆いろは順に掲載
◆現代の絵師・山口晃画伯と著者の対談を収録

ツイートする