歌川国芳 奇想天外 ―江戸の劇作家 国芳の世界

  • 16人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 歌川国芳
制作 : 中右瑛  悳俊彦  稲垣進一 
  • 青幻舎 (2014年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861524363

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

歌川国芳 奇想天外 ―江戸の劇作家 国芳の世界の感想・レビュー・書評

  • タイトル:『 歌川国芳 : 奇想天外 : 江戸の劇画家国芳の世界』

  • 札幌の芸術の森で歌川国芳展が行われており、そこで図録として購入。
    浮世絵をまともに見たのは初めてで、芸術の森での展示が秀逸でおもしろかったため、衝動買い。

    展示自体は作品ごとに細かい部分説明や、独特なコメント、題材にしている話のおもしろさをさらにおもしろく書いており、興味深かった。

    本は今回の展示と別でつくられたもので、展示で書かれていたコメント等は一切なかった。通常の図録のように、最後の方に作品の説明が書かれているのみである。

    色はやっぱり現物の方がよく、こんな作品があったなーと見なおすにはいいかもしれない。
    ボリュームは十分。

  • また、展覧会が開催されるんだ!(公式図録とのコトです)

    青幻舎のPR
    http://www.seigensha.com/newbook/2014/02/13113130

全3件中 1 - 3件を表示

歌川国芳 奇想天外 ―江戸の劇作家 国芳の世界を本棚に「読みたい」で登録しているひと

歌川国芳 奇想天外 ―江戸の劇作家 国芳の世界を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

歌川国芳 奇想天外 ―江戸の劇作家 国芳の世界を本棚に「積読」で登録しているひと

歌川国芳 奇想天外 ―江戸の劇作家 国芳の世界の作品紹介

迫力のドクロ絵に、躍動感あふれる捕鯨の図……
江戸時代に活躍した浮世絵師・国芳の作画は、ユーモアと斬新さに満ちています。
出世作“水滸伝”シリーズを含む「武者絵のはじまり・豪傑・合戦の図」、動物を擬人化した「戯画」、庶民の光景を描いた「江戸名所と地方名所」など、国芳作品の集大成を網羅。

歌川国芳 奇想天外 ―江戸の劇作家 国芳の世界はこんな本です

ツイートする