北欧とコーヒー

  • 102人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 萩原健太郎
  • 青幻舎 (2015年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861525063

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

北欧とコーヒーの感想・レビュー・書評

  • 北欧のコーヒー好き、フィカという習慣のことなど聞いたり読んだりしたことはあったけれども、具体的なインタビューは初めて。
    ストレートで飲むのはやだとかカフェインに弱いから気をつけてるとか、意外と皆一日何杯もぐいぐい飲んでるわけじゃないし、何ならコーヒー本体よりコーヒータイムのほうが大事なんだな、ということが分かって驚きだった。

  • 北欧の人々が愛するコーヒー。
    消費税が安いルクセンブルグが数字上では一位だが、実質国民が飲んでいる量が多いのは二位のフィンランドということになるようだ。
    気候が寒く、それゆえか無口な人が多いフィンランドにとって、温かくほろ苦いコーヒーは大切なコミュニケーションツールとなっている。
    ムーミンやカウリスマキ監督の映画に登場するコーヒーも紹介されている。

  • エアロプレスというコーヒー器具がある事を知りました。
    スウェーデンには、Fikaという生活習慣があることを知りました。

  • 日本では北に行くと閉鎖的なイメージがあるが、北欧は開放的で明るいイメージがある。
    なぜだろう。

全4件中 1 - 4件を表示

北欧とコーヒーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

北欧とコーヒーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

北欧とコーヒーの作品紹介

北欧と日本のカフェ案内、ムーミンと映画から知る北欧とコーヒー、ヴィンテージカップ&ソーサー80選…コーヒーでめぐるフィンランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマークへの旅。一杯のコーヒーから見えてくる北欧のライフスタイル。

北欧とコーヒーはこんな本です

ツイートする