真・女神転生3 NOCTURNE TRPGリプレイ再会―See you again next world (ジャイブTRPGシリーズ)

  • 17人登録
  • 3.42評価
    • (2)
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 西上柾
制作 : 朱鷺田 祐介 
  • ジャイブ (2005年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861761096

真・女神転生3 NOCTURNE TRPGリプレイ再会―See you again next world (ジャイブTRPGシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 女神転生シリーズのTRPGリプレイのうち「トウキョウ受胎」「アマラ深界」を使ったリプレイです。(もしかするとアマラ深界は使ってない?)

    内容はボーイミーツガールを主体に、サブに復讐劇を盛り込んだお話し。
    メガテンリプレイだとよくある事だけど悪魔プレイヤーの容姿がコロコロ変わるので、挿絵だけ見ると「誰だよこいつ、こんな奴居たっけ?」みたいな事が続出しますw

    あと、イラストレーターさんには悪いけど、
    魔人(オリジナルの人修羅)のデザインがダサイ!!
    です。

    こう、ゲームの主人公は神懸かったデザインだったんだな、と痛感しました。

  • 「真・女神転生」のTRPGは、ソード・ワールドどならんで、わたしにとっては身近なTRPGです。

    TRPGをはじめてしたのは、「モンスターメーカーRPG」で、そのままの流れで、「ソード・ワールド」を遊んで、現代物をやりたいなぁということで、「真・女神転生」に進みました。

    原作のテレビ・ゲームの方は、「真・女神転生」の「1」と「2」と「if」。それから、「ペルソナ」、「デビルサマー」なんかを遊びました。「ソオルハッカーズ」は、遊んだことないのかな?もしかすると、出だしだけ遊んだのかも。
    その後、テレビ・ゲームからは、離れてしまいました。

    今でも、1番すきなのは、「1」と「if」です。

    ということで、実は「3」の世界観は、全く知らないのです。
    で、今回、このリプレイですが……。うーん、今までの「真・女神転生」のリプレイに比べると、わたし的には、イマイチでした。

    これは、わたしが、「3」とか、「NOCTUNE」の世界観をよく知らないというのが、多い気がしますが……。

    魔神は、カオス・ヒーローみたいなものをイメージしていて問題ない様ですが(でも、合体で強くなるわけではないしなぁ……)、ボルテクス界というのは、よくわからない。
    「1」の金剛神界みたいなところかと思ったら、そうでもないみたいです。

    そのせいで、なんか思わせぶりれに出てくるコトワリとか、世界を作るといかいうキーワードに思い入れがなくて……。
    このあたりは、原作付きのTRPGで、原作をしらないことからくる問題点かもしれません。

    わたしにとっては、「真・女神転生」TRPGは、どっちかというと「if」とか、「1」の前半みたいな、現実っぽい世界で楽しむイメージが強いんですよねぇ。
    だから、この現実から切り離された感じが、どうしても受け入れづらかったです。

    あと、微妙に、キャラクターたちがかみ合っていないとか、戦闘が多くてテレビ・ゲームをそのままTRPGにしたようだとか……。
    ちょっと、気になる部分が多かったです。

    原作は、いつかまた、遊んでみたいと思うのですが、このままこの世界に突入していくとすると、遊ぶ機会はかなり少なくなるかもしれません。

全1件中 1 - 1件を表示

西上柾の作品一覧

西上柾の作品ランキング・新刊情報

真・女神転生3 NOCTURNE TRPGリプレイ再会―See you again next world (ジャイブTRPGシリーズ)はこんな本です

ツイートする