The MANZAI 1 (ピュアフル文庫)

  • 2789人登録
  • 3.69評価
    • (394)
    • (379)
    • (821)
    • (26)
    • (9)
  • 383レビュー
  • ジャイブ (2005年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861762536

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コルネーリア フ...
あさの あつこ
森 絵都
あさの あつこ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

The MANZAI 1 (ピュアフル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 秋元と歩が面白かったです!
    ロミジュリに萌えました
    2巻も絶対読みます

  • 「ほんまにおかしゅうてたまらんて笑い、気持ちええねんで。エネルギーあるんや。ああ、おもろ。これで明日もだいじょうぶて気ぃにさせてくれる。そんな笑い、やりたいねん、おれ」
    ー秋本貴史

  • 父親、姉が交通事故で亡くなった原因は、自分の不登校がきっかけ。みんなと一緒の事が出来ないという事が核になっている。自分は普通だと思い込みたい状態の主人公。そんな時に、突然の告白をされる。自分とは、正反対の相手に。お前は特別、人とは違うと言われ思い悩む。繊細な気持ちの中で次第に自分の気持ちの変化に気付き始める主人公。文化祭の出し物を成功させる為に成長していく。大成功の結果、待っていたのは職員室への呼び出しだった。その後は、読み手の想像に委ねられている。続きが気になる。

  • あゆむ~

    ジレンマとかさ、苦しみとかさ
    なーんかマイナスって感じのことを
    すべて秋本くんとかまわりのみんなが
    吸収してくれてるねぇー。
    けど、君も伸びてるねぇー。

    しあわせだねぇー
    あゆむ~


    とりあえず1~3までのを。

  • ライトノベルに分類した方がいいのかなと思いながら。

    主人公は、今一、暗い性格の男だが、そんな彼の元に何故か人気者の男が近寄ってくることから話は始まる。

    とか考えているとライトノベルっぽい展開だよな。とか、どうでもいいか。

    とりあえず、文章が上手いので澱みなく最後まで読まされてしまう。それでいて十分な読後感があるので、かなりお勧めできる作品である。

  • パラパラと読めるあっさりとした本です。
    つまらないという訳ではなく、テンポが良いんですよね。
    トントン拍子で話が進んでいきます。

  • 中学のときに読んだのを再読。
    会話のテンポよくて思わず笑ってしまう。秋本いいやつだよなあ。

  • 読了

  • まあまあ

  • 二人の掛け合いがたまらないo(^▽^)o

全383件中 1 - 10件を表示

The MANZAI 1 (ピュアフル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

The MANZAI 1 (ピュアフル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

The MANZAI 1 (ピュアフル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする