海へ向かう (ピュアフル文庫)

  • 32人登録
  • 3.10評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 前川麻子
  • ジャイブ (2007年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861764264

海へ向かう (ピュアフル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ビターテイスト

  • 英美は中三の女の子。大学生の恋人がいるという早熟な親友オッコちゃんを、ハラハラしながらも憧れの眼差しで見守っている。けれども夏休みのある日、遊びに行った河原でオッコちゃんの重大な秘密を聞いてしまったことから、二人の関係は・・・・・・。大人になることにゆれ動く心、大切な人との別れと再会。遠い思い出の欠片のようにきらめく、切なくてほろ苦い青春小説。(ピュアフル文庫裏表紙より)


    これは、私にはあまり得意でない感じの書き方だったにも関わらず、
    展開が面白くて、☆四つ。

    英美が小学生、中学生、高校生、社会人、、、40代独身。
    順序がバラバラに、英美の過去が明らかとなっていく。

    最初、オッコちゃんが「妊娠したかも」と言ってから、
    その後まったくオッコちゃんが出てこないから、
    あの話はどうなったんだ!?と、意味不明、って思ったけど、
    最後に二人とも大きくなってから登場。
    オッコちゃんの中学生の時のあの話は、全部嘘だったなんて・・・。

    英美とウクレレのお姉さんの話も面白かった。
    英美が28歳くらいの時に妻子のいる男と不倫してた話も。
    一応、短編っぽくなってるけど、短編っぽくない。
    それなりに面白く読めた。

  • 少女期から40までの生き方を紡いだ作品集。

    作者が1967年生まれだから主人公のミナミとは等身大だ。

    ラスト『彼女を思い出す』がよかった。


    作成日時 2008年01月07日 18:44

  • けっしてヤングアダルトではないよね・・
    大人のお話だよね。。

全4件中 1 - 4件を表示

海へ向かう (ピュアフル文庫)はこんな本です

ツイートする