片想い。―ピュアフル・アンソロジー (ピュアフル文庫)

  • 211人登録
  • 3.26評価
    • (4)
    • (16)
    • (39)
    • (5)
    • (1)
  • 28レビュー
  • ジャイブ (2008年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861764936

片想い。―ピュアフル・アンソロジー (ピュアフル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私的にシンクロしやすい話が多かったです。

    ・長い片想い/坂木司
    切なくて良い。
    片想いの相手はもう10年も前に亡くなっている。
    二度と会えない、想いも伝えられない人が相手なだけに最後の一行がピッと生きる。
    『きっと俺、君に告白するから』

    ・プリウスの双子/前川麻子
    生まれてすぐ亡くなってしまった双子の兄弟にたいして、喪失感を交えた特別な思い入れのある主人公。
    それを理解してくれるのはおばさんだけ。
    しかし片想いの相手が出来て、その気持ちに色々な意味で折り合いをつけようとする。

    ・北風のマント/大崎梢
    いやー。水戸くんかっこよかった。安楽椅子探偵みたいな感じですかね。

    ・キッキに/安藤由布
    主人公がなくしたさるのぬいぐるみのキッキは、父親のような万能の存在だったのかも。
    代わりを探して、上田に引っかかり、そしてある意味その親からの卒業を果たした、という感じの話に思いました。

    ・さつきさん/草野たき
    片想いのお兄さんに婚約者が。主人公は初め、その婚約者とお兄さんを別れさそうとするけど、お兄さんのダメ人間振りを知ってしまう。
    複雑な片想いの破れ方だなぁ。
    でも主人公とさつきさんの関係が進んでいくさまが素敵に書かれていて良かったです。

    ・おまえたちが信じてる世界のライフはゼロだから/笹生陽子
    集合住宅の上の部屋に越してきた謎の美少女クルクル。彼女との出逢いによって変わっていくひきこもりのオレが主人公。
    ストレートなボーイミーツガールストーリー。良かったです。

  • どの作家の方も表現が面白くて、
    すらすら読んだ。
    子供だけど、子供じゃないような表現をしてたり、
    でも懐かしくなりそうな恋のはなし。

  • 良作揃い。よかった。わりと大人めな作品だと思う。プリウスの双子が独特の感性で面白かった。単純に面白いのは、長い片想いと北風のマント。おまえたちが…はとても読後感がいい。意外や意外、爽やか!

    坂木司/長い片想い
    バレンタインに『女子高生』に一緒にケーキを作って欲しいと頼まれて…

    前川麻子/プリウスの双子
    ぼくには双子の弟がいた…

    大崎梢/北風のマント
    同じ塾の水戸君に片想い。話しかけるチャンス到来。なのに私が話したことは学校で起こった不思議な事件の話で…

    安藤由希/キッキに
    小さいころ大好きだったキッキという猿の人形…

    草野たき/さつきさん
    歳の離れたいとこのたかちゃんを私から奪ったのは、たかちゃんの婚約者のさつきさんだった…

    笹生陽子/おまえたちが信じてる世界のライフはゼロだから
    上の階に越して来たのは、マスカラカラコンの社交性抜群の魔術師みたいな女子高生。自宅警備員の俺は……

  • どれもこれももどかしくて、どんな結末でも胸が少し痛くなる

  • ひとつひとつが短くてよみやすい。
    片方から想いがつのる感じがちょっと切ない。

  • □ 14155.
    〈読破期間〉
    2014/8/4~2014/8/5

  • アンソロジーです。
    坂木さんのお話がよかった。

  • 坂木司と大崎梢以外は初読み。坂木司目当てで借りたけど、やっぱり坂木司が一番良かったかな。こんな短編の中にも、美味しそうな料理の描写を入れてくる坂木司はまさに確信犯。坂木司以外では、初めて読んだけど草野たき「さつきさん」が好きだったかな。私が読むには少し若すぎるかな…中高生向け。2011/344

  • 片想いをテーマにしたアンソロジー。
    普段読まない様な作家さんばかりだったので、興味が出て購入・拝読。
    設定の濃い一冊だったと思う。

    特に好きだったのが【長い片想い】
    最後の一文の切なさが良かった。

  • 6人の作家さんが書いた短編集。どれもひとひねりあって面白い。坂木司さんの「長い片想い」が好き。
    2013/03/18

全28件中 1 - 10件を表示

坂木司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

片想い。―ピュアフル・アンソロジー (ピュアフル文庫)に関連する談話室の質問

片想い。―ピュアフル・アンソロジー (ピュアフル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

片想い。―ピュアフル・アンソロジー (ピュアフル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする