星空のした、君と手をつなぐ (ピュアフル文庫)

  • 23人登録
  • 3.42評価
    • (2)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 光丘真理
制作 : 中江 有里 
  • ジャイブ (2009年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861766831

星空のした、君と手をつなぐ (ピュアフル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほっこり青春。
    高校生にしては重い話題だけど、高校生の内に真剣に考えた方がいい問題でもあるのかも。
    最後にサムから連絡が来たのは予想外。
    オールハッピー?
    そこまでは求めてなかった。
    ーーー
    高校二年生のみかげは、離れて暮らす義理の兄・瞬と遠距離恋愛中。最近、義母の洋子さんがちょっとだけわずらわしく思えて素直になれない。そんな自分とは対照的に、加速度的に大人になってゆく親友たちを見ては、焦りを感じる悩み多き毎日。そこへ、瞬が突然帰ってきた! 大切な話って一体なんなの⁉︎ 17歳の心の悩みと成長、そして秘密の恋ーー。切ない気持ちを瑞々しく描いた、青春恋愛小説。

  • コスモスシリーズ。赤ちゃんについての話。瞬がかっこよいです。

  • 読んでいる途中で、このエピソード知ってるなぁ…と思ったら、コスモスの続編でした。やはり読んだことのある小説でした。若くして子供を産んだ友人、望まれなく生まれた子供のためにボランティア活動をする友人、血のつながらない兄など、濃縮されてぎゅっと詰め込まれた一冊からは、ストレートに命の大切さを感じることができます。あたりまえのことがあたりまえに書かれており共感できるのです。ただ、押し付けられているような気がして少し苦しかったです。

  • 少女漫画みたい。
    成長する姿はまだ続きそうなのにここまで、なところがいいのかな。

  • ぴゅあっびゅあ。

  • 高校二年生のみかげは、離れて暮らす義理の兄・瞬と遠距離恋愛中。最近、義母の洋子さんがちょっとだけわずらわしく思えて素直になれない。そんな自分とは対照的に、加速度的に大人になってゆく親友たちを見ては、焦りを感じる悩み多き毎日。そこへ、瞬が突然かえってきた! 大切な話って一体なんなの!?
    17歳の心の悩みと成長、そして秘密の恋――。切ない気持ちを瑞々しく描いた、青春恋愛小説。(ピュアフル文庫HPより)

  • 2作目まではすごくよかったのに・・・なぜ。

    ガッカリ。

全7件中 1 - 7件を表示

星空のした、君と手をつなぐ (ピュアフル文庫)はこんな本です

ツイートする