続 女子高生江戸日記 Replay:天下繚乱RPG (integral)

  • 19人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 加納正顕
制作 : 高遠るい  小太刀右京 
  • ジャイブ (2011年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861768477

続 女子高生江戸日記 Replay:天下繚乱RPG (integral)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 完結。
    1巻に比べてトンデモ度は高くなってると思う。
    特に恭吾がちょっと頑張っちゃったなぁ(苦笑)。3話のミドル最後の展開は好き。
    風呂敷は大きいんだけど、少しイキオイが強くて大味な感じもしたかな。
    ラストバトルあたりの展開は個人的には悪ノリに感じた。まぁ、アリっちゃアリなんだけど、もう時代劇じゃないよね。

  • とりあえず、この巻で一段落付きます。
    なんだか、主人公や周りの人が江戸時代になれすぎていて、「女子高生が江戸時代に」というところへの興味はすでに無くなっているようです。
    リプレイのストーリーの意外性はまぁそれなりによいとして、後半のアニメ/特撮のパロディは、仲間内でやってる分にはおもしろいんだろうけど、リプレイで読まされるとちょっとうんざりする感じ。
    これが、リプレイじゃなくてリプレイを元にした小説の体になっていれば、まだいいんだろうけど。

  • 天下繚乱リプレイ「女子高生江戸日記」の続編。

    冒頭から何やら波乱を臭わせる会話で始まりつつ、第3話中盤でまさかの展開&まさかのダイス目。ダイスの神様っているんだなーとしみじみさせつつ、「銅鑼ビキニアーマー」「闇皇帝」などの破壊力が高すぎる単語の飛び交う中、英傑達は最終決戦へと挑みます。

    そしてやっぱりなんとなくどこかに吹っ飛んでいく江戸時代成分。
    天下繚乱の巨大ロボ率はなんだかすごいですね。

    さらなる続編が出てくれると個人的には嬉しいのですが……。

全3件中 1 - 3件を表示

加納正顕の作品一覧

加納正顕の作品ランキング・新刊情報

続 女子高生江戸日記 Replay:天下繚乱RPG (integral)の作品紹介

金色の光に導かれ、化政時代へと辿りついた女子高生・江阪碧と神代結衣。離れ離れになった結衣を探すため、その身に宿る黄龍の力で妖異と戦い続ける碧。その前に、結衣と同じ姿を持つもうひとりの「黄龍」、イヨが姿を見せる。激突する黄龍と黄龍!碧の叫びは届くのか?金印の秘密とは一体?そして江戸の町が炎に包まれる時、紅蓮の彼方から鋼の巨体が姿を現す-!高遠るいの本領発揮!話題の『女子高生江戸日記』第二弾、いざ開幕。

続 女子高生江戸日記 Replay:天下繚乱RPG (integral)はこんな本です

ツイートする