義経変生譚〈3〉Replay:天下繚乱RPG (integral)

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • ジャイブ (2013年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861768989

義経変生譚〈3〉Replay:天下繚乱RPG (integral)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ最終編。
    プレーヤーの利害の対立をうまいことまとめましたね。
    ストーリーも最後にかけて、良い盛り上がりでした。
    ただ、主人公の義経を女性にする必要が本当にあったのか。(^^;
    オチをこうするなら、男性だった方がスッキリした感じもしますが。

  • 宇宙艦隊を無影脚で全滅させる!データがイマジネーションを超えた…

    長らく放置していたものの、ようやく読み終わる。いやー、この巻は凄かった。
    当初は、実在の人物の名前を冠したキャラクター達に、「名前借りているだけ?」みたいな違和感がありましたが、ここくらいになってくると、GMやプレイヤーの持ち寄った"義経"等の伝承が次々盛られていき、なんとも物凄いことに。
    本作、「キャラを演じる」というよりは「作家同士の物語のぶつかり合い」みたいな印象が強いような気がしました。ラストも、なんかもう少しで「ラスボスの戦闘動機」が剥奪されそうな勢いでしたしねw

  • 完結。
    作中で副読用の資料がサプリに収録されている旨の記述があったので不安を感じていたところ、見事に不安的中。
    資料がないと時々PLたちの会話についていけない部分がありました。単に自分の学が足らないだけかもしれませんが。幕間にネタ解説くらい入れてくれればいいのに。
    表面的な発言だけを追いかけていると、なんでこんな発言になってるんだろう? と感じる部分が今まで以上に多かったです。
    葛の葉が特に色々と混じっている(笑)ので、発言の背景がわかりにくかったです。正直、読み飛ばしがちなパートも。
    ドラマ的に編集してあるんだと思いますが、「これって○○のネタですよね」みたいなやりとりは残ってたほうが、後追い検索がやりやすかった気がします。

  • 完結。
    超高レベルまで上がって神仏の領域に突入したのに、最後に痴話喧嘩が始まるという、なんだかすごい話でした。
    PC の上位存在であるプレイヤーがラスボスを殴るという神展開にあぜんとする。
    やはり、すがのさんは規格外や…。
    義経の作家性のある性格付けもあって、ちょっと変わったリプレイだなぁと思います。
    神仏レベルだとこんな感じになるのかしら?

    設定などを詰め込みすぎて、あんまりゲームっぽいリプレイになってないところはちょっと気になりましたが、全体的には面白く読めました。

全4件中 1 - 4件を表示

小太刀右京の作品一覧

小太刀右京の作品ランキング・新刊情報

三輪清宗の作品一覧

三輪清宗の作品ランキング・新刊情報

義経変生譚〈3〉Replay:天下繚乱RPG (integral)の作品紹介

日本モンゴル化計画を遂行するため、最後の"義経"である成吉思汗がその姿を現した。さらに平家空中水軍を率いる平清盛も参戦し、三つ巴の戦いがここに始まる。だが、その影に新たな人物が…。世界中に散らばる義経伝説をもとに、美少女・源義経とその一行が日本中を駆け巡る、天下繚乱リプレイ『義経変生譚』の最終巻。英傑たちと世界の運命はいかに。

義経変生譚〈3〉Replay:天下繚乱RPG (integral)はこんな本です

ツイートする