セックス・チェンジズ―トランスジェンダーの政治学

  • 31人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 竹村 和子  石倉 由  吉池 祥子 
  • 作品社 (2005年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (605ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861820472

セックス・チェンジズ―トランスジェンダーの政治学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 遺伝子は私たちの全てとは言えない。人類は遺伝子の欲求をごまかす方法をすでに編み出しているから。

    私は生まれ育った環境のために通常の心理発達とは無縁だったので、あまりジェンダーも身につかなかったみたい。でも社会で生きていくには、ジェンダーがどういうものかを理解していた方が、身を守るのに良さそうだ。

全3件中 1 - 3件を表示

セックス・チェンジズ―トランスジェンダーの政治学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

セックス・チェンジズ―トランスジェンダーの政治学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

セックス・チェンジズ―トランスジェンダーの政治学を本棚に「積読」で登録しているひと

セックス・チェンジズ―トランスジェンダーの政治学の作品紹介

性転換、TS、TGとは何か?米国の最も過激な思想家カリフィアが、多くの当事者・関係者への調査・分析、そして自身の「性転換」の体験をもとに、20世紀におけるTGの歴史と現在、医療者との葛藤、フェミニストとの軋轢、TG内部の相克を描いたTG論の決定版。サンディ・ストーン、野宮亜紀論文を併載。

セックス・チェンジズ―トランスジェンダーの政治学はこんな本です

ツイートする