ヤクザ、わが兄弟

  • 14人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 母袋夏生 
  • 作品社 (2007年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861821417

ヤクザ、わが兄弟の感想・レビュー・書評

  • 世界の見方をまたひとつ憶えることができた。

  • 任侠ドリーム抱けないしヤアさんは在り方も仕事内容もとにかく恐いと思ってるが、これは篤い情と誠実さに裏打ちされた書き手の上手さで面白かった。

  •  この本の著者であるヤコブ・ラズといい、また『戦後日本のジャズ文化』の著者マイク・モラスキーといい、さらには彼らに先立って日本の各ジャンルの社会に溶け込んで労作を発表してきた<知日派>外国人のもつ貪欲ともいうべき好奇心と無謀なほどの大胆な行動力には脱帽するしかない。おそらくフィールド・ワークを生命とするジャンルを志すこれらの人々の知的、物的を含めたエネルギーの総量は日本人よりも桁外れに多いのであろう。
     それにしてもヤクザの大ボスがイスラエル人の文化人類学者を受け容れた理由が「わしらは、いろんなものの寄せ集まりだ。社会の難民だ。端っこにいる人間だ。まっとうだといわれる人たちから押しやられ、憎まれ、さげすまれ、追われてきた‥‥」という気持ちにあり、そこにイスラエル人の文化人類学者が共感を覚えたというのは、まことに興味深い。

  • 行方不明になった義兄弟『ユキ』の探索とヤクザの生態を絡めて小説のていを借りながら実態に迫ろうとしたもの。

  • リアリティ出そうとしたのだろうが劇中劇だな。

全5件中 1 - 5件を表示

ヤクザ、わが兄弟の作品紹介

10年に及ぶ交流で見知った様々な男たち。来歴・心情・家族・抗争・失踪…過酷な血の掟。密着取材という稀有な体験を通して現代ヤクザの実態を暴く瞠目の実録小説。

ヤクザ、わが兄弟はこんな本です

ツイートする