幸福論――“生きづらい”時代の社会学

  • 50人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : 山田 昌弘  高橋 良輔  開内 文乃 
  • 作品社 (2009年10月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861822469

幸福論――“生きづらい”時代の社会学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バウマンの幸福論。リキッドモダニティの時代の幸せとは。我々は人生のアーティスト。自分で幸福を構築しなくてはいけない時代になっている。

  • 私たちは幸福になろうとする希望を失わない限り幸せになれる。
    失望は知恵の生みの親であると同時に活動への刺激である。どんなに抵抗したとしても人生は不確実性とともにある。誰もリスクから逃れることはできない。

  • -

    361:Ba

全4件中 1 - 4件を表示

ジグムント・バウマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デュルケーム
エーリッヒ・フロ...
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

幸福論――“生きづらい”時代の社会学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幸福論――“生きづらい”時代の社会学を本棚に「積読」で登録しているひと

幸福論――“生きづらい”時代の社会学の作品紹介

いま、わたしたちは思い通りの「幸福」を手に入れることができるのか?-古代ギリシア時代の賢人たちから、ブランドファッションを買うことに喜びを見出す現代の少女まで、さまざまな「幸福」のカタチを比較し、今日の社会で、わたしたちが幸せをどのように描けるのかを追求した、世界的社会学者、ジグムント・バウマンの到達点。「パラサイト・シングル」「格差社会」の生みの親、山田昌弘氏書き下ろし解説。

ツイートする