戦後の音楽――芸術音楽のポリティクスとポエティクス

  • 16人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 長木誠司
  • 作品社 (2010年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861823046

戦後の音楽――芸術音楽のポリティクスとポエティクスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【選書者コメント】本書の特徴は、戦後の歌謡曲のみならず、映画音楽にも言及している点である。映画と音楽のタイアップは今に始まったことではない。
    【請求記号】7600:920

  • なんだかなあ・・・

全2件中 1 - 2件を表示

戦後の音楽――芸術音楽のポリティクスとポエティクスを本棚に「読みたい」で登録しているひと

戦後の音楽――芸術音楽のポリティクスとポエティクスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戦後の音楽――芸術音楽のポリティクスとポエティクスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦後の音楽――芸術音楽のポリティクスとポエティクスの作品紹介

戦後65年、だがその音楽史は、いまだその多くが「見えない歴史」に閉ざされたままである-音楽批評/研究の最前線を牽引する著者が、尖鋭な方法意識と緻密な資料渉猟を踏まえ、驚くべきスケールで描き出す、決定版「戦後音楽史=論」1200枚がついに誕生!GHQの音楽政策、うたごえ・合唱運動、十二音技法、オペラ、映画の音楽、放送、批評など、多彩多様なテーマ群に、刺激に満ちた数々の発見を通して肉薄していく。もう本書なしに、日本の現代音楽は語れない。

戦後の音楽――芸術音楽のポリティクスとポエティクスはこんな本です

ツイートする