骨狩りのとき

  • 21人登録
  • 4.80評価
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 佐川愛子 
  • 作品社 (2010年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861823084

骨狩りのときの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カリブ海にある西インド諸島・イスパニョーラ島。
    この島にあるスペイン移民の末裔たちの国家、ドミニカ共和国。
    この国は1930年代、隣国の黒人国家・ハイチから仕事を求めてやって来たハイチ人たちを虐殺したと言う過去があり、本書はこの史実を基にして書かれたフィクションです。

    主人公はドミニカ共和国の白人一家でメイドとして働くハイチ人の若い独身女性。
    彼女や彼女同様に同国で働くハイチ人たちをドミニカ共和国を統べる総統が指揮する民族浄化作戦が襲い、彼らはハイチへ向けて必死に逃亡することになります。

    本書はその逃亡の過程、そして逃亡成功後の生きたまま死んだ様な日々を主人公の両親の思い出を織り交ぜながら描いたものです。

    当初テーマとなった虐殺の事を知らなかった為、ストーリーの背景が理解し辛かったのですが、Wikipediaのドミニカ共和国の項を読み、上記の総統とは誰か?、総統の末路は?等を知り、理解を深めることができました。
    私の様に両国の歴史に明るくないと言う方は、本書を読む前にまず歴史的背景の把握を行うと良いかも知れません。



    尚、巻末に以下の文があります。

    「名を成した者たちは、決して本当に死ぬことはありません」
    「煙のように早朝の空気の中に消えていくのは、名もなく顔もない者たちだけなのです」


    総統の名は残り、彼の犠牲者たちは煙になった。
    そして著者は主人公の口を借り、煙になった彼らに名を与えたかった。

    そう言う事なのかも知れません。

    一読をおすすめします。

  •  ハイチ人のアマベルは8歳で両親を亡くしドミニカ(スペイン)人の父娘に拾われる。親切なお屋敷の人々の中で、聡明で有能な少女へと成長し、サトウキビ農園で働く恋人もできる。しかしささやかな幸せが全て奪われてしまう運命の日が少しずつ近づいてくる。
     ヒトラーに傾倒したドミニカ大統領トルヒーヨによるハイチ人大虐殺エル・コルテ。(数日の間に2~3万人のハイチ人が殺された)
     この大虐殺をテーマにした作品だけれど、作品全体に流れている空気は静かで文章もきれい。
     美しい文章がアマベルの過酷な運命を綴っていくのを是非多くの人に読んで欲しいと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

骨狩りのときの作品紹介

姉妹のように育った女主人には双子が産まれ、愛する男との結婚も間近。貧しくもささやかな充足に包まれて日々を暮らす彼女に訪れた、運命のとき。全米注目のハイチ系気鋭女性作家による傑作長篇。米国図書賞受賞作。

骨狩りのときはこんな本です

ツイートする