世界文学から/世界文学へ

  • 28人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 沼野充義
  • 作品社 (2012年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861824029

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン アーヴィ...
ウィル バッキン...
渡部 直己
ロベルト ボラー...
ダニイル ハルム...
ジャック・ケルア...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界文学から/世界文学への感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 沼野充義「世界文学から/世界文学へ」http://www.sakuhinsha.com/japan/24029.html … 読んだ、読書の合間にちくちくと1年超。翻訳本や海外本だけじゃなく日本語作品も扱って量は膨大、とにかく読み応えがある。批評は意地悪さは微塵もないけど容赦なくて楽しい。「芥川賞ガールズ」とかワードがツボ

    -------

    沼野充義「世界文学から世界文学へ」http://www.sakuhinsha.com/japan/24029.html … を読書の合間にちょっとずつ読んでいる。とてもいい「自分のことをうじうじ書いて人に読ませるな、世界がある、ドストエフスキーもフォークナーも大江も山田詠美も書いている、それなのになぜあなたは書くのか」

    「世界文学から世界文学へ」:ばなな「キッチン」とトゥーサン「浴室」の小説世界の対比。どちらも場は身近なところに限定し、片や狭い日常をちまちま書き、片や美術や政治など外の世界へ広がる思考を書く。日本の作品は社会を書いているようで結局は自分の感情を書いているものが多い。とか。

    「世界文学から世界文学へ」:芥川賞ガールズ(もう一昔前になるのか)は作文レベルで世界は狭く感覚も稚拙。書籍は商業だから賞などキャンペーンも致し方なかろう、が文学は違う、あまり若手に過度な期待をするな。とか。

    「世界文学から世界文学へ」:山田詠美はたとえ大きな社会的悲劇を背景に取り上げても決して大きな言葉で人間を語ろうとしない。「PAY DAY!!!」は911事件に対する文学の立場からの最も優れた回答。とか。 山田詠美に好意的な論者を闇雲に肯定しているだけか笑??

  • 沼野充義「世界文学から/世界文学へ」http://www.sakuhinsha.com/japan/24029.html … 読んだ、読書の合間にちくちくと1年超。翻訳本や海外本だけじゃなく日本語作品も扱って量は膨大、とにかく読み応えがある。批評は意地悪さは微塵もないけど容赦なくて楽しい。「芥川賞ガールズ」とかワードがツボ

    -------
    沼野充義「世界文学から世界文学へ」http://www.sakuhinsha.com/japan/24029.html … を読書の合間にちょっとずつ読んでいる。とてもいい「自分のことをうじうじ書いて人に読ませるな、世界がある、ドストエフスキーもフォークナーも大江も山田詠美も書いている、それなのになぜあなたは書くのか」

    「世界文学から世界文学へ」:ばなな「キッチン」とトゥーサン「浴室」の小説世界の対比。どちらも場は身近なところに限定し、片や狭い日常をちまちま書き、片や美術や政治など外の世界へ広がる思考を書く。日本の作品は社会を書いているようで結局は自分の感情を書いているものが多い。とか。

    「世界文学から世界文学へ」:芥川賞ガールズ(もう一昔前になるのか)は作文レベルで世界は狭く感覚も稚拙。書籍は商業だから賞などキャンペーンも致し方なかろう、が文学は違う、あまり若手に過度な期待をするな。とか。

    「世界文学から世界文学へ」:山田詠美はたとえ大きな社会的悲劇を背景に取り上げても決して大きな言葉で人間を語ろうとしない。「PAY DAY!!!」は911事件に対する文学の立場からの最も優れた回答。とか。 山田詠美に好意的な論者を闇雲に肯定しているだけか笑??

  • 沼野充義『世界文学から/世界文学へ』作品社、読了。大江健三郎、村上春樹から円上塔に至るまで。現代文芸界の井筒俊彦といってよい著者による20年余りの現代日本文芸批評の集大成。著者の論評は温かくもあり手厳しい。何しろ日本文学の位置と未来を世界文学に位置づける試みだから。抜群に面白い。

  • 2012/12/26購入

  • サブタイトルが「文芸時評の塊1993−2011」。とっても愉しみです。

全5件中 1 - 5件を表示

世界文学から/世界文学へを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界文学から/世界文学へを本棚に「積読」で登録しているひと

世界文学から/世界文学への作品紹介

世界の文学の現場から日本にどう向き合うのか、日本にいながら境界を越えていかに世界へ。20年にわたる文芸時評を通じて、文学の"現在"を照らし出す、著者初の文芸時評集。

ツイートする