蝶たちの時代

  • 19人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 青柳 伸子 
  • 作品社 (2012年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861824050

蝶たちの時代の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドミニカの独裁者・トルヒーリョに抵抗したミラバル姉妹の生涯を綴った小説。幼い頃は彩り豊かに美しく、そして年が経つにつれて骨太になっていく文章が魅力的。

  • 小説は人間の心を伝える。
    人生で何が起きているのかを感情が理解する助けになってくれる。

    警察国家時代のドミニカで、トルヒーリョと戦ったミラバル姉妹たちの話。彼女たちの勇敢さ、か弱さ、孤独、威厳、そしていかに人間らしさを保ったかについて。

    『チボの狂宴』 マリオ・バルガス=リョサ
    『骨狩りの時』 エドウィージ・ダンティカ

全2件中 1 - 2件を表示

蝶たちの時代に関連する談話室の質問

蝶たちの時代の作品紹介

時の独裁者トルヒーリョへの抵抗運動の中心となり、命を落とした長女パトリア、三女ミネルバ、四女マリア・テレサと、ただひとり生き残った次女デデの四姉妹それぞれの視点から、その生い立ち、家族の絆、恋愛と結婚、そして闘いの行方までを濃密に描き出す、傑作長篇小説。

蝶たちの時代はこんな本です

ツイートする