亡命者たちのハリウッド――歴史と映画史の結節点

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉田広明
  • 作品社 (2012年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861824067

亡命者たちのハリウッド――歴史と映画史の結節点の感想・レビュー・書評

  • フォアマンやポランスキーの話は読んでみたい。

    作品社のPR
    「亡命という経験は、彼らの映画に何をもたらしたのか。彼らの到来が、世界の映画に与えた変化とは何なのか。30年代にナチスから逃れたフリッツ・ラング、ダグラス・サーク、ロバート・シオドマク、50年代に赤狩りでアメリカを逐われたエドワード・ドミトリク、ジョン・ベリー、サイ・エンドフィールド、ジョゼフ・ロージー、60~70年代に共産圏東欧から亡命したミロス・フォアマン、ロマン・ポランスキー。その生涯と作品。

    「三〇年代は、スタジオ・システムが円滑に機能し始めた、いわゆる古典期の劈頭であり、優れたアメリカ映画が生み出され始めた時期、五〇年代は、スタジオ・システムが崩壊し、古典期が終焉する時期、六〇~七〇年代はアメリカ映画にとって模索の時代であり、また、今日にまで至るアメリカ映画の新たな体制が形作られ始めた時期である。(中略)こうした時代には、たとえば移民といったような自身の意志による移動とは位相を異にする、強制力のようなものが働いている。時代そのものを前に動かすために働く力、それが人を弾き飛ばす。移民ではなく、亡命者を取り上げる、という選択の中には、そうした時代の強制力を見る、という意味がある」(「まえがき」より) 」

  • 吉田広明『亡命者たちのハリウッド 歴史と映画史の結節点』作品社、読了。本書は、映画史上の優れた「亡命ハリウッド作家」たちの人物像とその作品を丁寧に紹介する。高尚な映像論が悪いというのではないが、本書はずばり映画と社会の接点を素描する。大著ながら頁をめくるたび、作品を見たくなる。

全2件中 1 - 2件を表示

亡命者たちのハリウッド――歴史と映画史の結節点を本棚に登録しているひと

亡命者たちのハリウッド――歴史と映画史の結節点を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

亡命者たちのハリウッド――歴史と映画史の結節点を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

亡命者たちのハリウッド――歴史と映画史の結節点を本棚に「積読」で登録しているひと

亡命者たちのハリウッド――歴史と映画史の結節点の作品紹介

亡命という経験は、彼らの映画に何をもたらしたのか。彼らの到来が、世界の映画に与えた変化とは何か。30年代にナチスから逃れたフリッツ・ラング、ダグラス・サーク、ロバート・シオドマク、50年代に赤狩りでアメリカを逐われたエドワード・ドミトリク、ジョン・ベリー、サイ・エンドフィールド、ジョゼフ・ロージー、60〜70年代に共産圏東欧から亡命したミロス・フォアマン、ロマン・ポランスキー。その生涯と作品。

亡命者たちのハリウッド――歴史と映画史の結節点はこんな本です

ツイートする