歩兵は攻撃する

  • 21人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 田村 尚也  大木 毅  浜野 喬士 
  • 作品社 (2015年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (526ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861824838

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
マックス ヴェー...
ジェイコブ ソー...
ウィリアム・H・...
リチャード・ドー...
リチャード ウィ...
有効な右矢印 無効な右矢印

歩兵は攻撃するの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 神は細部に宿る。
    50歳にして、強力なドイツ機甲師団を率いて闘った伝説の軍人、エルヴィン・ロンメル元帥。
    彼がドイツ国防軍の歩兵部隊若手士官として最前線で闘った、第一世界大戦の記録。

    西部戦線などの大きな戦いは、実は数え切れないほどの小さな戦いによって成り立っている。
    市街戦であれば、家の一軒一軒、ビルの一階一階を掃討していかなければ、その地点を攻略したことにはならない。
    そして、その一つ一つの戦闘を担当するのは、実際に1発1発の弾丸を発射し、銃剣を持って突撃する歩兵部隊。

    その、細部を理解し熟知していたからこそ、ロンメル元帥は軍団としての機甲師団を運用し、アルデンヌ他の大きな戦場で勝利を収めてきたに違いない。

    この記録は、戦闘の最中に書かれたものでは決してない。
    泥だらけになって、塹壕を掘り進め、豪雨の中泥濘の中に身を潜めながら、前線指揮官がノートを書くなどということができるはずはない。

    にも関わらず、この克明な記録。
    それは、彼がいかに戦場で冷静であったか、そして、細部まで観察対処し、またそれを正確に記憶する能力があったことを物語る。

    やはり、ただものじゃないぞ、ロンメル元帥。

  • 「Infanterie greift an」の翻訳(2015/08/15発行)。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする