オルガスムの科学――性的快楽と身体・脳の神秘と謎

  • 46人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 作品社 (2014年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861825071

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ブラッド・ストー...
スティーブン・ピ...
飯田 泰之
リチャード・ドー...
スティーブン・ピ...
J・モーティマー...
ミチオ・カク
有効な右矢印 無効な右矢印

オルガスムの科学――性的快楽と身体・脳の神秘と謎の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で見つけて読んでみた。世の中に性に関する情報はこれだけ氾濫しているのに、医学的にはほとんどまだ解明されていないということがよくわかる。
    真面目な研究の対象になったのって、ほんとにここ数十年の話みたい。そして、ホルモンとか神経とかだけの単純な話ではないらしい。ちなみにドーパミンは性行動促進の効果、セロトニンは抑制の効果があるらしい。あと、オルガスムは健康にいいらしい。
    最後は「意識」(五次元)の話につながって、結局、今はよくわからないのだと締めくくられていて、ちょっと面白かった。

  • オルガスムのメカニズムについて、ごくごく真っ当に
    学術的に詳述した科学書。オルガスムとは何かという
    定義から始まり、その実態や機能障害・疾患、ドラッグ
    との関係、関与する神経やホルモン、そして脳の働き
    までと、その内容は実に細かく多岐にわたる。実に興味
    深い本だった。

    ただ、一番興味のある、その歴史や社会学的な位置づけ
    あるいは進化論的な意味での価値などには触れられて
    おらず、物足りなかったのも本当。まぁそれはこの本とは
    ジャンルが違うのかも知れない。

    皆様、オルガスムは健康に良いらしいですぞ(笑)。

全3件中 1 - 3件を表示

オルガスムの科学――性的快楽と身体・脳の神秘と謎を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オルガスムの科学――性的快楽と身体・脳の神秘と謎を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オルガスムの科学――性的快楽と身体・脳の神秘と謎を本棚に「積読」で登録しているひと

オルガスムの科学――性的快楽と身体・脳の神秘と謎の作品紹介

その瞬間、身体と脳では何が起こっているのか?オルガスムへの認識を刷新した性科学の世界的名著。その神秘を探究することは、身体‐脳システムと意識の謎に迫ることである。性科学研究財団"B&V・バロー賞"受賞。

ツイートする