• 25人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 中地 義和 
  • 作品社 (2015年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861825576

嵐の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 意地で前半の表題作「嵐」だけを読み終えた。残念ながら、70年代の初め、あの激動の時代に熱狂して読んだ「調書」、「発熱」、「大洪水」のル・クレジオは、もうどこにもいなかった。ただもう惰性で書いている作家にすぎない。気の毒だが、もう終わった作家になってしまった。

  • ル・クレジオの最新作を発売日に書店に駆けつけ手にすることの喜び。初期の難解さは影を潜め、平易な文章に多少の物足りなさを感じつつも、じんわりと五感を刺激し、清澄な気配を充たし漲る感覚はどこまでもル・クレジオだった。すぐそこに風のいななきが、海のざわめきが、雨の滴りが聞こえてくるようだ。表題作と併録の「わたしは誰?」共に自らのルーツを求める不遇の少女を主人公に据え、失意を克服させ新たな出発へと導きゆく。老いて熟成した小説家の眼差しはまろやかで優しい。そこがまたステキだと、私のクレジオ熱はまだまだ冷めやらぬ。

全2件中 1 - 2件を表示

嵐の作品紹介

韓国南部の小島、過去の幻影に縛られる初老の男と少女の交流。
ガーナからパリへ、アイデンティティーを剥奪された娘の流転。
ル・クレジオ文学の本源に直結した、ふたつの精妙な中篇小説。
ノーベル文学賞作家の最新刊!

ツイートする