悪しき愛の書

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 八重樫 克彦  八重樫 由貴子 
  • 作品社 (2017年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861826320

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アレックス・ジョ...
エラ・フランシス...
サルバドール プ...
ロベルト ボラー...
ウラジーミル ソ...
エイミー・ベンダ...
マリオ・バルガス...
チママンダ・ンゴ...
フェルディナント...
皆川 博子
有効な右矢印 無効な右矢印

悪しき愛の書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミュシャの表紙が綺麗。
    「ペルーの異端審問」同様、作家の”読者への目配せ”的な知的で血の通ったユーモアが楽しい。最後の一文をはじめ、随所に文章のうまさも光る。
    自分を主人公にした9歳に始まる恋の遍歴、美女に片っ端からふられていく男を描く。日本で「非モテ」というとコミュ障でひきこもりなのかといえばさにあらず。彼は、恋する相手のためにスケートや歌を覚えるに留まらず(そのくらいならやる人がいそうだが)宗教までキリスト教にユダヤ教(!)にと変え、果敢にアタックし続ける。自分らしくないものになろうとしたのが敗因だったと悟るまで。
    解説がボリュームがあり読み応えがある。

全1件中 1 - 1件を表示

悪しき愛の書の作品紹介

9歳での初恋から23歳での命がけの恋まで――彼の人生を通り過ぎて行った、10人の乙女たち。
バルガス・リョサが高く評価する“ペルーの鬼才”による、振られ男の悲喜劇。ダンテ、セルバンテス、スタンダール、プルースト、ボルヘス、トルストイ、パステルナーク、ナボコフなどの名作を巧みに取り込んだ、日系小説家によるユーモア満載の傑作長篇!

ツイートする