国王陛下のお気に召すまま (ジュリエット文庫)

  • 28人登録
  • 2.91評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 御堂志生
制作 : 高野弓 
  • インフォレスト (2013年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861907951

国王陛下のお気に召すまま (ジュリエット文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトル、ネタバレ(笑)人物紹介の女嫌いは特に感じなかったなぁ。まぁ、身分のせいで肩書き狙いの女性にうんざりはしてたのかもしれんけど。 欲望って漢字あるよね。校正さんのミスかと思ったけど、ありゃ故意だね。故意でないと欲棒なんて漢字変換にはならんやろ(笑)あとね、ヒーローが口角上げて笑うシーンがあるんだけど、アルカイックスマイルと書かれてて思わず二度見した。歴史の資料集思い出したわ(笑)

  • ガッツリ金目当てで国王陛下の嫁目指して、結果だけ見ればまんまとやり遂げた訳ですけども(笑) 大体序盤で話の絡繰りに察しはつくので、あとは好きなだけヤってたらいいよ、という話でした。

  • タイトルからして、序盤からオチが読めてしまったのですが、ジェレマイアがなんであれだけマシューを気にしていたのかがちょっと分からなかったです。

    あと、中のイラストがちょっと微妙。表紙はまだしも、中のイラストのジェレマイアがあんまりかっこよくなかったなぁ。イラストがマシだったら、もうちょっと違ってたかもって思いました。

  • まあ、序盤でオチは読めたが、そこは王道のお約束ということで。

    そんなことよりも、モノクロイラストが……微妙すぎて……。男が特に。

全4件中 1 - 4件を表示

国王陛下のお気に召すまま (ジュリエット文庫)の作品紹介

身分を偽り国王の花嫁選びの夜会に入り込んだセシリアは、国王側近のジェレマイアに怪しまれ、身体検査を受けさせられる。凛々しく美しい彼に触れられ、口づけられて心は陥落寸前。せっかく選ばれた国王の花嫁候補も辞退しようとしたのに、誤解したジェレマイアに責められ激しく抱かれてしまう。「あなたはもう、私のものです」けれど彼女は依然、国王の花嫁候補とされ続けていて-。

国王陛下のお気に召すまま (ジュリエット文庫)はこんな本です

ツイートする