世界一へんな地図帳

  • 40人登録
  • 3.05評価
    • (1)
    • (3)
    • (14)
    • (4)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : ワンカップP 
  • 白夜書房 (2008年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861913808

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
宮部 みゆき
湊 かなえ
のり・たまみ
東野 圭吾
有川 浩
幕内 秀夫
のり・たまみ
有効な右矢印 無効な右矢印

世界一へんな地図帳の感想・レビュー・書評

  •  世界には日本の常識では計り知れないへんな国がある。へんな政治、へんな地名、へんな歴史……。読み解いてみると、あっ、そういうことなのかと納得する部分もあるのです。

     大統領の意向でへんな決め事ができるトルクメニスタン。「金歯禁止令」(ただし女性のみ)「口パク歌唱禁止令」「8月の第2日曜はメロンの日」ニヤゾフ大統領の独裁政権で、別名「明るい北朝鮮」。石油、天然ガスの資源が豊富で実は豊かな国。国民生活は満ち足りているし、民族による不平等もないため、治安も悪くないそうです。評価は分かれますが案外面白い国なのかも知れません。

     それから、イギリス沖合10kmに法の隙を突いてできたシーランド公国。「だれも占有していない土地を見つけて勝手に国を作る」と、イギリス領海外(当時)にあった古い海上要塞をバディ・ロイ・ベーツ氏が占拠し「シーランド公国」として独立を宣言。でも国民4人。スポンサーとして招聘したドイツ人にクーデターを起こされたり、再び武力で取り返したり、なかなか派手な歴史を持っていますが、それも2006年の火災で全てが廃墟に。
     シーランド公国は売りに出され、スウェーデンに本拠地を置いていた違法サイトのThe Pirate Bayが獲得を申し出たとのこと。違法動画ダウンロード天国、いや映画制作者側からみれば地獄の国ができたそうです。

     そのほかにも、地名や歴史など、いわゆる世界史の表舞台には立たない、些末な国々の様子が書かれています。よぴ吉はこういうの結構好きです。

  • 世界の地理・歴史・経済その他に関するトリビアルなネタ帳。
    コンパクトに纏まっていて暇潰しにはちょうどいいけれど、
    どこかで聞いた話ばかりだし、
    今時、ネットでチョチョイと調べられる程度の内容だなぁ……
    と思ったら、巻末に参考文献&URLがガッツリ。
    足で稼いだわけじゃないんですか、そうですか。

  • かなり前に読了していますが今更レビューです。

    某nc動で著名な方が挿絵を描かれているのと、元々地理ネタが好きなので買ってみましたが……中身としては期待はずれでした。

    まず、ただの偶然だとは思いますが、mixiレビューに書いたこともある「国マニア―世界の珍国、奇妙な地域へ!」という本と、かなりのネタが被っています。その意味で、個人的には目新しさが少なかった。そして、文体と誤字が余りにも……これは編集者の手抜きだと思うんですが、ちょっと酷すぎます。

    まぁ、知らないネタもありましたし、写真や地図を多用しているのは、「国マニア」よりも良かったです。が、せっかくなんだから、挿絵でもっと理解を深めるようにしてくれると良かったなぁ……と感じます。挿絵が、本当に小ネタにしかなっていなくて、そこもちょっと残念。

    (2009年読了)

  • 噴出しました(笑)変な地名「エロマンガ」「スケベニンゲン」「キンタマーニ犬」なんて…(´・ω・`) ププ。現地に行ってどう発音されているのか確かめに行きたいです。

  • 面白いけどすぐに忘れそう。

  • 世界は「へん」で溢れてる!
    日本人には想像もつかない、本当にあったおかしな話、ばかり。

    事例:島民みんな血が繋がっています。
       2008年、海上に違法動画の楽園が誕生?
       職人の引きこもりから出来た国
       地図上に存在しない国
       刑務所が発展してそのまま国に?!
       うん〇で出来た国の悲喜こもごも
       つい、うっかりで独立国に

    とにかくどこから読んでも面白いです。

全7件中 1 - 7件を表示

世界一へんな地図帳を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界一へんな地図帳はこんな本です

ツイートする