サッカー小僧 001 (白夜ムック)

  • 20人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : サッカー小僧編集部 
  • 白夜書房 (2012年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861918933

サッカー小僧 001 (白夜ムック)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サッカーの基本的な2つの戦術、カウンターとポゼションについて、その歴史と、サッカーの戦術の相対性から、多くの有識者が書いてある。

    値段の割には、写真よりも活字が多くて、文字が好きな人にとっては良い本だと思う。このシリーズの第二弾以降も期待している。

  • これは面白い本だった。けっこうマニアックな濃い内容で、読み応えがあって良かった。カウンターとポゼッションということで、詳しい記事ばかり。満足でした。最後の方にバルサを題材にポゼッションについての練習が書いてあって、攻撃側を一人多くして練習するとあった。何故なら試合でこの状態で進める事を前提としているからだと。名古屋の練習でも攻撃側の数的優位な練習をするのを見て、何故楽な形で練習するのかな?と単純に考えていたが、たぶんピクシーの意図も同じなんだろうなと、目から鱗が落ちました。次号のテーマはレフティとの事ですが、期待して待ってます。

全2件中 1 - 2件を表示

サッカー小僧 001 (白夜ムック)はこんな本です

ツイートする