はらぺこライオン (アジア・アフリカ絵本シリーズ―インド)

  • 26人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : インドラプラミット ロイ  Gita Wolf  Indrapramit Roy  酒井 公子 
  • アートン (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784861930218

はらぺこライオン (アジア・アフリカ絵本シリーズ―インド)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おなかのすいたライオンは、狩りをするのが面倒になり、なんとか楽にえものを手に入れたいと考えました。うまくいくかと思えたアイデアでしたが、スズメやこひつじの知恵にふりまわされたライオンは・・・。インドの民話です。

  • 8分くらい。
    ライオンのシンガムは、走り回って獲物を捕まえるのに飽き飽き。簡単に獲物を手に入れようと、人間の市場へ出かけます。その途中、スズメに会って、食べようとするけれど、だまされ、市場で羊を見つけ食べようとするも、まただまされ、最後には鹿にもだまされ、やっぱりライオンは、獲物を追いかけるのが一番だ、と思うのでした。

  • 10分程度。
    デザイン化された絵が、見やすくていい。
    お話も、わかりやすくて、長いわりに聞きやすい。

  • 古代東インドの昔話・ワルリー画(ワルリー族)・ライオン・知恵くらべ

全4件中 1 - 4件を表示

はらぺこライオン (アジア・アフリカ絵本シリーズ―インド)の作品紹介

インド古来の「ワルリー画」とゆかいな昔話の絵本。カナダ・アルクイン国際図書児童書部門最優秀ブックデザイン賞受賞作品。

はらぺこライオン (アジア・アフリカ絵本シリーズ―インド)はこんな本です

ツイートする