檸檬・桜の樹の下には (お風呂で読む文庫 6)

  • 55人登録
  • 4.05評価
    • (8)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 梶井基次郎
  • フロンティアニセン (2004年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861970061

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

檸檬・桜の樹の下には (お風呂で読む文庫 6)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』のタイトルを見て再読。美しい桜が咲くためには死体の養分が必要だという科学的解説と、薄羽かげろうの死体の集団と合わせて生命の神秘・残酷さを狂気じみた文章で綴っている。日本人にとってやはり桜の花は特別なもので、満開の桜の樹の下では狂ったように自己を曝け出してしまう、その言い訳のように感じた。『櫻子さんの…』は多分読まない。そんなタイトルをつけるなんておこがましいと思わんかね。

  • 東京バビロンのメインモチーフとして使われている桜の樹の下のエピソードは、梶井基次郎のこの小説を下敷きにしてたんだな、
    と思うと、東京バビロンをもう一度読み返してみたくなる。

  • 丸善閉店の際には同じ店で檸檬を買い、書店に置いてきたりしたなあ。

  • *青空文庫
    「桜の樹の下には」
    学生の頃、読んでからしばらく桜をみる度にこの話を思い出したことを今思い出した。

  • 梶井基次郎の精神的に荒廃して、世捨て人のような感じが好き。両作品ともに我々のような民に沁みるものである。生涯に一度詠むべきであろう。

  • お風呂の中で読める、ポリ塩化ビニール製の本。定価は1000円なのだが、箱根湯ネッサンに行った時に100円で売られていたので買ったもの。
    それにしても、現代文学を読みなれた目から見ると、なんと格調高い名文の数々なのだろう! 表題作はもちろんのこと、「Kの昇天」や「冬の蝿」など、まさに珠玉の短編といえる。この作者は寒々とした冬、むき出しの命が傷つき、声にならない呻きをあげているような苦しみを描くのが特にうまいと思った。

  • 花見の前に読んでおきたい一冊。桜の美しさの秘密がわかる。

  • 純粋に駆け抜けた文人。

    K。

  • ●檸檬
    みんな、自分の檸檬を探してる。おもしろい、読んで良かった!

    ●桜の樹の下には
    彼らしい、
    鬱々とした中の唯一信じることの出来る美。

  • 閑散とする情景の表現、檸檬爆弾の罠、桜の樹の下にある死体。独特の世界が醸し出す雰囲気が好き。
    梶井基次郎の代表作。

全12件中 1 - 10件を表示

檸檬・桜の樹の下には (お風呂で読む文庫 6)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

檸檬・桜の樹の下には (お風呂で読む文庫 6)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

檸檬・桜の樹の下には (お風呂で読む文庫 6)はこんな本です

ツイートする