筆箱採集帳 (趣味しゅみ画報)

  • 271人登録
  • 3.99評価
    • (37)
    • (32)
    • (28)
    • (5)
    • (0)
  • 42レビュー
  • ロコモーションパブリッシング (2009年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862120748

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
村上 春樹
万城目 学
土橋 正
万城目 学
有効な右矢印 無効な右矢印

筆箱採集帳 (趣味しゅみ画報)の感想・レビュー・書評

  • 私自身、文房具に詳しいわけではないのですが、この本の、この楽しさは一体何なんでしょう。大人だけではなく、小学生の筆箱も紹介。小学生の女の子の筆箱に意味もなくじーんとしてしまいました。

  • 見てて飽きない!いろんな筆箱!100均のから高価なもの、胸ポケットなんてのも。美大生の旅行用歯磨きセットの自作版最高!中のペン類にも一本ずつメーカー名の記載あり。個性が出るね、筆箱は。

  • こういうのって、理由なく面白いよね

  • 知らない人が多くてあまりピンとこなかった…。こだわりの文具集というよりは持ち主に光を当てる編集だったため。

  • 筆箱を、いたってまじめに観察、考察していく。
    そのテンションの低さがとても良い。

    他人の筆箱って、子供の頃から気になってたし今も実は気になってる。

    続編も、その続編もぜひ作って欲しい。

  • おもしろい!筆記用具好きにはたまらない本。いろんな職業の筆箱がみれる。性格や生活も見えてくる。本当におもしろい。

  • 12/21 読了。
    他人の筆箱ってなんでこんなに楽しいのか!

  • *立ち読み
    筆箱とその中身の写真と説明・コメント。
    イメージとしては女性のファッション雑誌にある鞄の中身を見せるページに近い。

    歯磨きセットの容器を利用した筆箱やIKEAのショッピングバックを筆箱にリメイクしたもの、メイクアップアーティストのその名の通りの「筆」箱が印象的。
    見ていて面白かった。

  • 面白かったー。立つ筆箱と、固形の蛍光ペン買ったー。

  • ノートもそうだけど、他人の筆箱もおもしろい。

  • 色々な人の筆箱の写真集。
    といっても、被写体は度々「筆箱」の範疇を飛び出す。
    しかしやっぱり、筆箱である。
    要は所持者が求める機能があればそれでいいのだ。

    本書の特徴は、筆箱そのものはもちろん、
    中身の文具の商品名をも網羅していることにある。
    素敵な文具を見かけたが、名前がわからず探せなかった……。
    そんな悲恋の経験者はこのありがたみがわかるはず。

    自分の筆箱と比べて憧憬や思慕を抱くもよし。
    新たな筆箱を選ぶ参考にするもよし。
    珍筆箱を見て笑いながらも嫉妬するもよし。
    いずれにしても、文具フェチは買って損のない一冊。

  • スタンダードブックストアの万年筆コーナーで立ち読み。一読では使いやすい筆記用具を探すランキングのように、このシャーペン使ってる人多いなあという目線で見てしまった。職業との相関とか深いとこまで見てこその本なのに。

  • いろんな方の筆箱が写真つきで紹介されています。

    筆箱やその中身に人それぞれの個性が溢れていて
    楽しめました。

  • 自分もかなり文具好きだけど、上には上がいるなぁって
    思わせる本だった。各分野の人の筆箱と中身を見せてもらい
    それに対してのコメントが書いてある。
    中学生とか小学生の筆箱が懐かしさも伴って面白かった。
    ついつい読み込んでしまう本。かなり面白かった。

  • 2009/10/26購入。いろいろな中身があって参考になる。何度見ても楽しい本。

  • 面白い!
    全体のまとまりを見ても、一つ一つのアイテムを見ても楽しめる。
    最近あんまり筆箱を使ってないのが寂しくなってきた。
    私もプロのこだわりを感じる筆箱を持ちたいなぁ‥。

  • よくある雑誌の「カバンの中身特集」が好きな人にはドストライクだと思う。自分がそうだから。
    更に文房具が好きな人には必須。自分がそうだから。
    筆箱以外にも手帳が好きな人が見ても面白いかも。自分がそうだから。

  • その道のプロが使う道具は興味があり、
    参考にもなるので何度も写真を見ました
    鞄の中身や本棚の本などの本なども同じような
    感じでかなり好きで、このような本が定期的に出版されると
    うれしいです。

  • あー。あー。あー。
    すごく楽しかった…!いろんな職種のヒト達の筆箱。
    こんなに面白いなんて…!
    写真が、オールカラーでふんだんにあるのもすごく楽しい。
    細かいけれどちゃんと表示されてる内容の説明一覧も。

    この「筆箱」に対しても、なんとなーく不満を持っているワタシとしては、とても学ぶ所の多い一冊でしたし。

    こういう本また読みたいなーw

  • 雑誌でよく特集される 『カバンの中身公開』 みたいなのって見るのがとても楽しいですよね?その筆箱版がこの本です。文具フリークでなくとも楽しめること請け合いです。

  • ビッレジバンガードで衝動買いしたけど後悔しない確信があった本。
    この本を見て買い足した文具もあり
    とにかくなんど見ても癒される名著
    どの筆箱も楽しい

  • 人様の筆箱の中身を見せてもらう機会ってあんまり無いので、こうして見ることが出来るのは非常に楽しいですねー。

    こうしてみると最近はロールペンケースが人気なのかなと思いますね。
    三角スケールを持ってる人が妙に多かったのがビックリしたというか不思議だったというか。反面、字消し板を持ってる人が全然いなかったのが意外だったかなー。個人的には必須アイテムなのに(笑)。

  • 文具王ファンなので買ったのだけど、
    本当に 筆箱の標本! というだけの内容なので、王の軽妙な文具オススメトークは載っておらず残念でした。
    採集された筆箱も、有名人というよりは市井の人びとの筆箱がほとんどなので 感動や驚きっていうものはあまりありませんでした。

  • 五十音気になる。LAMY人気。

  • あーもう!
    じっくりひとつひとつの消しゴムやペンの説明をを読むのもいいけど、

    眺めてるだけでシアワセ。

    他人の筆箱っておもしろい。

全42件中 1 - 25件を表示

筆箱採集帳 (趣味しゅみ画報)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

筆箱採集帳 (趣味しゅみ画報)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする