大阪芸術大学 小池一夫のキャラクター造形学

  • 13人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小池一夫
  • 塚本学院大阪芸術大学 (2006年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862250704

大阪芸術大学 小池一夫のキャラクター造形学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015年8月7日読了。大阪芸術大学で教鞭をとる劇画原作者・小池一夫による、「キャラクター造形学」の講義本。「キャラクター」を産み出し、「キャラを立てる」ことはあらゆる創作者が目指すところだろうが、この本で述べられているのは結局のところ「古典や大衆に受け入れられている作品に学べ」ということになるのか。「全知全能の神」という概念が大衆には実感として理解できないため、「イエス・キリスト」というスーパーキャラクターを設定し、その能力を強調するため「悪魔」という敵キャラが設定された、などの解釈は面白い。創作でも現実の人間でも、「何が彼をキャラクターとして立たせているのか」ということを考えてみるのはよい知的ゲームになりそうだ。

  • 【資料ID】44529
    【分類】726.101/Ko31

全2件中 1 - 2件を表示

大阪芸術大学 小池一夫のキャラクター造形学を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大阪芸術大学 小池一夫のキャラクター造形学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大阪芸術大学 小池一夫のキャラクター造形学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大阪芸術大学 小池一夫のキャラクター造形学を本棚に「積読」で登録しているひと

大阪芸術大学 小池一夫のキャラクター造形学の作品紹介

複製時代の中で、キャラクターを守ろう。全ての芸術はキャラクターから生まれる。

ツイートする