風流江戸雀

  • 50人登録
  • 4.04評価
    • (9)
    • (10)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 杉浦日向子
  • 小池書院 (2007年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862252135

風流江戸雀の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    川柳は俗なるものではあるけれど、俗きわまれば雅にいたるもの、何でもない日常の瑣事を詠んで人生の核心を衝くのである。この本にえらび採られている古川柳は、「柳多留」の中でもことさらの佳句で、古川柳の代表作ともいえるであろう。

  • 江戸時代だからかどうかはともかく、このゆったりした感覚は残しておきたい。

    私が持っているのは、1987年発行のもの。表紙は美人画ではなく、江戸時代の道具がちりばめられている。

  • 古川柳二つにはさまれた短い漫画。
    川柳それだけでもおもしろいし、本自体が明るくてよい。気取らなくて癖もなくて風情があって。

  • 古川柳に絵をつけて漫画にした本当に薄い小さい本ですが、
    中には江戸の空気がいっぱい詰まってます。

    古川柳って言うのは江戸の庶民が作った川柳の事。だと思う(あくまで思う)
    季語なんていうのも有ったり無かったり、思った物を音のリズムに合わせて書く、つぶやき見たいな物だからこそ江戸の匂いが香ってくる。

全6件中 1 - 6件を表示

風流江戸雀を本棚に登録しているひと

風流江戸雀を本棚に「読みたい」で登録しているひと

風流江戸雀を本棚に「積読」で登録しているひと

風流江戸雀はこんな本です

風流江戸雀の単行本

ツイートする