英単語イメージハンドブック

  • 357人登録
  • 4.05評価
    • (29)
    • (32)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
  • 青灯社 (2008年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862280251

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
デール カーネギ...
村上 春樹
鈴木 陽一
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

英単語イメージハンドブックの感想・レビュー・書評

  • 【「教職員から本学学生に推薦する図書」による紹介】
    環境調和材料工学研究センター博士研究員 木村通さん の推薦図書です。

    <推薦理由>
    頻出英単語のイメージが理解できる本であるため。

    図書館の所蔵状況はこちらから確認できます!
    http://mcatalog.lib.muroran-it.ac.jp/webopac/TW00357915

  • 二度目。
    二度読むと、前とは違うところで発見があるが、ちょっと読むスピードがあがったな。また読もう。

    *****************

    関正夫先生おすすめより。
    いままで文法の丸暗記に頼っていた部分が、前置詞などをイメージすることによって、そのときの雰囲気がわかるようになってきた。
    丸暗記よりも想像力をはたらかせて考える方が好きな人におすすめ。

    加算不加算は、ものの「状態」によって決まる/基本は複数だが、あえて「一つ」といいたいときに「a~」をつかう→強調/みんなの知ってる「あれ(ら)」→the。お店の前には、昔の名残でtheがつく/any→選択の自由/some→ぼんやり存在/drive→力を入れて動かす/leave→残すもの、残されるもの、両方の視点/take→手に取る/buy→お金を払って手にいれる/say→はっきりとした言葉 tell→メッセージ/can→潜在的 could→その気になったらできた/shall→進むべき道/should→mustに比べて弱い圧力/must+客観性→have to /had better→緊迫感/of→詳しくするためのリンク/to~→文を補う/with→つながり/and→流れ/as→貼り付け/while→二つをクッキリ/would→遠くから控えめにぼそっと/ingをつかうとき→躍動感。be stoppingは「まさに止まろうとしている」/完了形にも躍動感/ever→いつでもいいが/yet→まだ完成してない/どんな聞かれ方をしても、否定するときはnot/notは最初でつかう→すぐに立ち位置がわかる/新情報→there be~/that→指す it→受ける

  • 今までのネイティブスピーカーシリーズの総まとめ本.一家に一冊...とまでは言わないが,「ハンドブック」と銘打ってるように常に手元において何度も読み直すべき本.

  • 考え方がユニーク。

  • 面白かったし、理解しやすい。
    これを読み込んだら、英作文も楽チンかも。
    今回は図書館で借りたので、購入を考えています。

  • 同著者のネイティブスピーカーシリーズを数年前に読み、少し忘れかけた状況で、この本を読みました。
    一冊に過去の本がカバーしている内容が、よく整理されていて、思い出すのにとても効果的でした。

  • 面白く少しずつ読め、英単語の神髄が学べる。
    英語をイメージで理解できると、強い。
    おすすめです。

  • 大西さんはたくさんの英語学習の教材を出していますが、「イメージ」で勉強するという著作が10冊を超えます。英単語イメージハンドブックは、それら全てのイメージ関連の著作をコンパクトにまとめたものになっています。ダイジェストといっても重要な説明は一切省かれていないので、必要十分な情報をこの1冊から得ることができます。

  • I'm loving itのlove「進行形」にはハンバーガーにかぶりついてこれが好きなんだという「躍動感」を感じる。「進行形」の解説が分かりやすい。

  • 目からウロコがたくさんあり。役立ちます。

  • 著者のNHK講座を見て英単語のイメージに衝撃を受けた私。そのバージョンアップ版でより分かりやすくまとめられている。
    ウエットに飛んだ解説とイラストで、英語の勉強というよりも、楽しいエッセーを読む感覚で読了。英文をこんなに楽しく読んだのは初めてかも。
    大きく英語のイメージを覆されたのが3つ。
    英語では数の標準が「複数」。aは「一つに決まらない」で、theが「1つに決まる」。英語の受け答えで質問のnotは勘定に入れない。
    えーっと思う反面、そういえば…と思い当たる事あり。
    何度でも繰り返し見たくなるので、単語の個々のイメージがイラストと共に残りやすい。

  • 今まで出た著者の本のダイジェスト版。ネイティブスピーカーシリーズをもっている人には特に目新しい内容はない。復習用に便利であるともいえる。

  • 「英文法をこわす」は、ルールベース英文法をその名の通りぶっこわしてくれて、かなりためになったのだが、文章がいかんせん読みづらくて、購入するまではいっていなかった。ネイティブスピーカーシリーズも文章がイマイチだし、しかも巻数が多い。

    で、この本は文章もだいぶ洗練されて、簡潔になっている(薄くなっているとも言うが)。複数あるネイティブスピーカーシリーズが1冊にまとめられた感じで、手元に置いておくにはちょうど良い本。こういう本出してくれてよかった。

    OF : リンク
    X of Y Xだけでは言い足りない・不十分な内容を、Yとリンクを貼って明確化する意識。

    売却:2012/5/27
    日本語を通じて英語を勉強するのがまだるっこしくなってきた。
    had better の「さもないと」感とか、GiUでも説明されているし。

  • 大好きな大西先生の英語はイメージだ!の総集編。一度英語を学んだ上で読むとなるほどたしかにぃぃ!とアハ体験連続の一冊。

  • イメージ解説をまとめてあって、単語の感覚をつかんだり確認したりするのに便利。シルエットイラストもいい感じ。

  • NHKの講座や、他の本たちの中で解説された「イメージ」の集大成。
    「ダイジェスト版」と書いてますが、いえいえそんな薄いものではありません。

    ただし、やはり一つ一つの説明が短いので気になるトピックだけピンポイントで(前置詞、とか)、
    同著者の「ネイティブスピーカー」シリーズで探したほうがいいのかもしれません。

全20件中 1 - 20件を表示

大西泰斗の作品一覧

大西泰斗の作品ランキング・新刊情報

ポール・マクベイの作品一覧

ポール・マクベイの作品ランキング・新刊情報

英単語イメージハンドブックの作品紹介

ついに登場! これ一冊にまとまった英語学習者の必携の本
冠詞、基本動詞、助動詞、前置詞など、基本語彙をどう身につけるかが英語能力を左右する。たくさんの日本語訳をもつそれぞれの基本単語を丸暗記しても際限がない。身にもつかない。どの単語にもある中心的な感触、イメージをつかむこと。それが英語上達の決め手だ。
英語界の鬼才・大西泰斗による「イメージの英語学習」。これまでさまざまな著書に分散していた基本語彙の重要イメージを一冊にまとめた待望の書。英語学習者の必携。

[内容]冠詞、基本動詞、助動詞、前置詞、接続詞、時制、副詞、代名詞ほか(例、theは「1つに決まる」ときに使う、goは「元の場所から離れていく」イメージ、thatは「指す」から「導く」イメージ、現在完了は「迫ってくる」感覚など)

ツイートする