こんな時代だからこそ心にとめておきたい55のことがら

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 広岡勲
  • アーティストハウスパブリッシャーズ (2006年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862340313

こんな時代だからこそ心にとめておきたい55のことがらの感想・レビュー・書評

  • 1:批判をするなら、とことん自分に厳しく行かなければならない。

    2:「毅然とした態度」と反抗的な態度とは違う。信念に反さない部分ならば、ゴマすりぐらいしたっていい。
    ⇒「かぶく」の本当の意味に通じる。

    3:「和」と「同」は似た行動だが、違う。
    和⇒自らの信念を持ちながら、周囲の人々と調和していく。
    同⇒信念無く、ただ相手に合わせているだけの行動。

    4:怒るふりをする術を身につける。黙っていては黙認となる場合がある。

    5:ピンチはチャンスのはじまりである。

    6:やりたいと思うことがあったら、YES・NOタイプのチャートを描く。
    決断をYES・NOで分けながら自分の進むべき方向を決める。

    7:孟子によれば、人間には生来「しのびざるの心」つまり、、、
    ①他人の不幸を見て見ぬふりのできない「惻隠の心」
    ②自らの不正・悪を恥じ憎む「羞悪の心」
    ③たがいに譲り合う「辞譲の心」
    ④善悪を見分ける「是非の心」  がある。
    これらの心を養い育てることで仁義礼智の四徳を実現できる。

全1件中 1 - 1件を表示

こんな時代だからこそ心にとめておきたい55のことがらを本棚に「読みたい」で登録しているひと

こんな時代だからこそ心にとめておきたい55のことがらを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こんな時代だからこそ心にとめておきたい55のことがらを本棚に「積読」で登録しているひと

こんな時代だからこそ心にとめておきたい55のことがらの作品紹介

ニューヨーク・ヤンキース広報として松井秀喜を裏で支える心の達人。

こんな時代だからこそ心にとめておきたい55のことがらはこんな本です

ツイートする