ひとりと一匹 富士丸と俺のしあわせの距離

  • 64人登録
  • 3.82評価
    • (10)
    • (13)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 穴澤賢
  • アーティストハウスパブリッシャーズ (2007年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862340641

ひとりと一匹 富士丸と俺のしあわせの距離の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 愛犬に対する色々な思いが書き留めてあって、ちょっと泣けちゃうお話でした。

  • 【資料ID】68080
    【分類】914.6/A46

  • 富士丸が、いい犬であることが字から伝わってくる。犬好きなら一読をおすすめします。飼い主と、犬と、犬を愛する人々へ送る。

  • 犬に手紙を書いても・・・と思いつつ愛犬の富士丸宛にかいた手紙を本にしたもの。
    笑ったりときどき泣けたりします。作者が富士丸への手紙を通して自分の生い立ちを振り返っているようで、作者への愛着のような気持ちもわいてきます。
    富士丸がいない今のせつなさは体験している私にもうんとわかる。
    桜をみても、月をみても、私たちをつつみこむすべてと一緒に暮らした愛犬の思い出はいたる場所で思い出します。

  • 2007 3/1読了

  • いま毎日のように『富士丸な日々』見てます♪ブログは富士丸がかわいいのもあるけど、短いけど毎回ちゃんとオチがついてる文章が好きです。
    この本はブログを書いてる「父ちゃん」のちょっと内面的な部分がみえる内容なんですが・・正直ちょっと意外な人物像でした(笑)ちょっとクサイと思うところもあるけど、父ちゃんが生きていくスタンスには共感するところがすごく多かったです。

  • ときどき言葉は乱暴だったりするけれど、父ちゃんが富士丸をどれほど愛しているか、それは父ちゃんの文章全部から、痛いほどに伝わってきます。                                        
    異なる種でありながらも、まるで本当のわが子を想うかのような父ちゃんの、そして主人を想う犬の、あまりに大きな絶対的愛の前で、気持ちが浄化されました。
    決してお涙頂戴的な文体じゃないのだけれど、自分にも重ね合わせたりして大号泣。揺るぎのない核が、断固とした想いが、この本にはあります。

    ちなみに。個人的なことを言うと、この本に救われました。
    あることで悩みすぎて狭まりきった視界が、読み終わったとき、開けたのです。ぱーっと。ささーっと。
    ほんとにありがとう、父ちゃん。富士丸。

  • 直球勝負のべたな話でしたまあ、ペットの飼い主は、こんなもんでしょうしかし、相変わらず仕事暇なんだろうか本業大丈夫かな〜

全11件中 1 - 10件を表示

ひとりと一匹 富士丸と俺のしあわせの距離を本棚に登録しているひと

ひとりと一匹 富士丸と俺のしあわせの距離を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひとりと一匹 富士丸と俺のしあわせの距離を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひとりと一匹 富士丸と俺のしあわせの距離を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひとりと一匹 富士丸と俺のしあわせの距離の作品紹介

東京で暮らす俺のもとにやってきた一匹の雑種犬。ひとりで寂しさに耐えるほうがよっぽどいい、と思っていた俺に絶対的な愛の意味について、お前は教えてくれた。累計2500万アクセスの人気ブログ「富士丸な日々」の著者による初の書き下ろし。

ひとりと一匹 富士丸と俺のしあわせの距離はこんな本です

ひとりと一匹 富士丸と俺のしあわせの距離の文庫

ツイートする