はっちゃんベトナムに行く―自分さがしの旅

  • 13人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 服部匡志
  • アーティストハウスパブリッシャーズ (2007年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862340689

はっちゃんベトナムに行く―自分さがしの旅の感想・レビュー・書評

  • 眼科医としてベトナムに行き、無償でほっとけば失明につながる病気の手術続けている方の話。
    小学生時代からの成長のところから自伝のように書かれてます。途中までは俗にいう世間一般という枠から大きく外れることもなく、(四浪で医学部に入った、というのはなかなか大変な努力ですが。)仕事もするけど休みもほしいという考えを持たれていた。

    が、ほんの些細なことがきっかけでベトナムで眼科医として指導にまわる立場となりいつしか、


    「困った人を救ってあげる」ことをライフワークとするまでに変わっていった様が、直接話しを聞いているかのようにリアルに伝わってきた。


    自分のやりたいこと、そして幸せは人それぞれ違う形であって、誰のマネをしてもそこに自分が無ければ満たされない。

    だからこそなりたい自分を常に考えて生きていかなければならないと思った。

  • 服部先生が、なぜ医者を志したか、なぜベトナムでそのような活動を行うにいたったかなど、読んでるととても熱く、前向きになれる本ですとても読みやすいのでぜひ読んでみてください。
    寄付っていうと少し恥ずかしい気もしますが、本の収益金の一部が失明予防の会で使われると考えると少し良いことをしているのかなって思います。

全2件中 1 - 2件を表示

はっちゃんベトナムに行く―自分さがしの旅を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はっちゃんベトナムに行く―自分さがしの旅の作品紹介

四浪して医学部入学。年収1億の道を捨ててベトナムで無償の治療をする破天荒人生。

ツイートする