生き延びるためのラカン (木星叢書)

  • 423人登録
  • 3.60評価
    • (35)
    • (46)
    • (87)
    • (5)
    • (3)
  • 45レビュー
著者 : 斎藤環
  • バジリコ (2006年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862380067

生き延びるためのラカン (木星叢書)の感想・レビュー・書評

  • 2010/12/4-7
    ラカンの切り口がどこか皮肉めいて聞こえているのに、やけにスッキリと自分の心に響くのは気のせいか。人の心はとはどんな手段を使っても、それらを実体として示すことはできず、その実体を持たない原因によってすら、人は苦しみ、痛む。それを取り扱う方法として精神分析は存在するということが納得だった。三界の話も、新鮮だった。男女の関係だけでなく、誰とも自分の中でも現実界を直接触れることができぬこと。空虚感も悲観せず大切にしていこうと感じた。

  • ふむふむ。むずかしい。

  • 実際のところ、意味やイメージは言葉の副産物なんだ p38

  • 今まで、文学批評などの分野からラカンの思想に、ちょっとは触れてきたけれど、たしかにこの本の解説はわかりやすい。
    理論のむずかしさが変わるわけではなくて、著者が提示している例によって理解が進んでいく感じ。
    いや、わかったような気分になっているだけかもしれないけれど…。

    ここのところ、フロイトにしてもラカンにしても、もう「過去の理論」みたいな位置づけになっている。
    著者は精神科医だけど、ラカン理論を臨床で使っているわけではないとのこと。
    でも、ラカンの理論はひきこもりや文化現象を理解するのに有効だと考えているようだ。
    本書の刊行は2006年。
    またいつか、ラカンブームがやってくる日はあるのかな?

  • 斎藤環がラカンをドヤ顔でレクチャー。「知的に早熟な中学生ならすいすい読める」らしいが、中年の私はすいすい読んだものの、知的にはもやもやしたまま終わってしまった。斎藤に言わせれば「センスがない」のかもしれない。いや、ラカンは「わかればわかるほどわからなくなる」らしいから、すこしはわかったのかも。とりあえず、ラカンや斎藤がどんなことに関心をもっているかは、なんとなくわかった。あとフロイト関係の小話。それでよしとしよう。本当はこの後すぐ、別のラカン入門書を読むといいのかもしれないけれど。

  • なかなかけっこう頭にスイスイと入って来るよ。お薦め。
    13/02/14読了。
    2回目読書中。
    2回目読了。13/3/6。

  • 数年前からラカンに興味があったので読んだんだけど、結局、著者の斉藤環氏にはまりまして。これから他の本も読んでみようと思う。
    自己と他者、想像と現実、自分が常々不思議に思ってたり考え続けてたことのヒントがたくさんありました。
    「人間は言葉によって思考をセーブされてる」っていう内容、まさにそのとおりだと思う。
    コミュニケーションの方法が言葉である限り、思考も想像力も不自由であることを自覚して謙虚でいたいです。

  • 文章がとにかく平易で読みやすい。ラカンの骨子でもある三界(想像界、象徴界、現実界)についても繰り返し語られるので後半になるにつれより理解が深まる。入門書としては良書。もうすこし踏み込んだ書籍に次はチャレンジしたい。

  • 「○○になりたい」「○○がほしい」は欲求ではなく欲望。

    こうやって精神分析のこと考えるのも他人に話して聞いてもらえなかったらしないだろうし、
    本来の欲求を先送りにしてる欲望に過ぎないんだろうな。

    人は認められたいし、同情されたい。

    赤ん坊は自我がない。

  • 僕的斉藤環ブームが巻き起こってる時に読みました

    良く覚えてないけど、なんとなく分かった気にしかなれてません。対象αとか良くわかんね。てかフロイトが分かってないもんね涙

    ラカンの言葉
    「欲望とは欠乏である」
    他者の欲望
    とか至言の宝庫としてしか僕はラカンを認識できてないや

  • ラカンの入門書。ラカン関係の本は、入門書であっても読みとおしたのはこれが初めて。わかりやすい。


    象徴界やらボメロオの環やら去勢やら否認された母親のペニスやらいろいろキーワードはあるけど、一番印象に残ったには転移のところ。転移っていうのは相手の世界に参入して、その一部として機能することをたぶん言う。わかりやすく言えば、相手のモノを考える土台の上に自分が乗っかるということだと思う。精神分析ではその土台(象徴界?)をちょくちょくいじる。これは感覚としてけっこうわかった。去勢されたなんちゃらかんちゃらは眉唾ではあったけど。


    斎藤さんの本は二冊目かなー。

  • 『吸血鬼と精神分析』を読んで気になった点が幾つかあったので再読。
    日本一わかりやすいことを目指して書かれたというだけあって、圧倒的な読みやすさ。豊富な事例や柔らかい語り口で丁寧にラカン理論を解きほぐしてくれる。ラカンの限界にもキッチリと言及されているのも好印象。

  • わかりやすいようで、わかりにくい。が、これ以上わかりやすいものはむしろインチキだと思った。

    この方の説明があってはじめて、ラカンに興味をもつことが出来た。
    それだけでも感謝。

    ある種、目からウロコである。
    それが出来なければ、まったく意味が分からないだろう。

  • 伊藤さんに薦められて読む。わかりやすい。面白い。笑える。ラカン読みたいなー。

  • 資料ID:W0161868
    請求記号:146.1||Sa 25
    配架場所:本館1F電動書架A

  • 簡単なラカンと言われても難しかった…。てかわからないこと満載だった。

    でも好きな人の顔を覚えられないのはおかしいことじゃないとわかってよかった。

  • つまらない。途中で読むのをやめた。

    <くだらない>と言ったら世間中から叱られるだろうが、私にはくだらなかった。
    ラカンとか、あちこちで言うから、それとラカンのはとても難しい本で、入門書として斉藤環「生き延びるためのラカン」が素晴らしいから読めとか書いてあるから買ったが、読みおおせなかった。

    フロイドとかラカンとか斉藤環とか、そもそも精神分析なるものが気に入らない。
    今後ますますもって遠ざかろう。

    馬鹿は相手にしないよ、と世間は言うだろう。
    しかし彼らは私ほどマージャンを楽しんだか。ラグビーをやって秩父宮でトライしたか。アラスカまで行ってヨットに乗ったか。
    大きな庭で花を植えたか。

    さよなら、精神分析。

  • 「日本一わかりやすいラカン入門」とある通りとても読みやすい。でもラカンやっぱ難しい…手元においてもういちど読みたい本。ラカンをどう使いたいかにもよるかもしれない。教養、知識として読むなら充分楽しめる。

  • こういう「○○入門」みたいな本はありがたいです

  • おもしろかった。
    「背伸びした中学生向け」に書いていると書いていて、ほんとうにそんな感じ。そう、そういうふうに書いてくれれば一応わかる気になるのよう。いや、中学生の親くらいの年齢ですけどね。わからんのです、難しい文章は。
    ただ、精神分析の本ってどうしても性的な単語がいっぱいでてきて電車で読むのが気恥ずかしいんだよなぁ....見えてませんよね、隣の人?見てるんならちゃんと何の本なのかわかって見てね?ね?

  • [ 内容 ]
    ストーカー、リストカット、ひきこもり、PTSD、おたくと腐女子、フェティシズム…「僕の見たところ、現代の社会は、なんだかラカンの言ったことが、それこそベタな感じで現実になってきている気がする」
    電車内の携帯電話の不快なわけは?
    精神病とはどういう事態か?
    …こうした問いにもラカンは切れ味鋭く答えてくれる。
    「心の闇」を詮索するヒマがあったらラカンを読め!
    そうすれば世界の見方が変わってくる!
    世界で初めての使えるラカン解説書にして精神分析入門。

    [ 目次 ]
    なぜ「ラカン」なのか?
    あなたの欲望は誰のもの?
    「それが欲しい理由」が言える?
    「こころ」はどれほど自由か?
    「シニフィアン」になじもう
    象徴界とエディプス
    去勢とコンプレックス
    愛と自己イメージをもたらす「鏡」
    愛と憎しみの想像界
    対象aをつかまえろ!
    すべての男はヘンタイである
    欲望はヴェールの彼方に
    ヒステリーはなにを問うか
    女性は存在しない?
    「精神病」とはどんな事態か?
    「現実界」はどこにある?
    ボロメオの輪の結び方
    転移の問題
    転移・投影・同一化

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 口語でわかりやすくラカンの理論を紹介。
    事例がやたらとサブカルチック。
    まとまりが悪く要点の掴みにくい箇所もあったり、ラカンとほとんど関係ない箇所もあったりだけれど。

  • わかりやすい、読みやすい。しかし、残るものは無いかな。
    人が世界を認識するときに、対象a(小文字の他者、欲望の原因)と自我を通して世界(他者)を認識する。
    他者の望むものを望む。欲望は言葉の作用によって、後天的に生まれる。そのため限りない。
    対象a→欲望の原因(小文字の他者、自分の中の他者?)
    欲望の原因に実体は無い。欠如から欲望が生まれる。

    欲求は、一時的な食欲等の満たされるもの。
    欲望は、欲する限り満たされないもの。例、金、愛?
    →”欲しいもの”が欲しい理由をいえるか?

    精神分析のキーワード転移。
    人と人は常に何がしかの転移関係を作りつつ関係している?

    精神病とは、象徴界(言葉の世界)の異常として理解できる。

    →2010年3月14追記
    縁、縁起。諸法無我。歎異抄の議論との関係。
    つながっている。

  • いちばんわかりやすいラカン

全45件中 1 - 25件を表示

生き延びるためのラカン (木星叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

生き延びるためのラカン (木星叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生き延びるためのラカン (木星叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

生き延びるためのラカン (木星叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

生き延びるためのラカン (木星叢書)の作品紹介

ストーカー、リストカット、ひきこもり、PTSD、おたくと腐女子、フェティシズム…「僕の見たところ、現代の社会は、なんだかラカンの言ったことが、それこそベタな感じで現実になってきている気がする」。電車内の携帯電話の不快なわけは?精神病とはどういう事態か?…こうした問いにもラカンは切れ味鋭く答えてくれる。「心の闇」を詮索するヒマがあったらラカンを読め!そうすれば世界の見方が変わってくる!世界で初めての使えるラカン解説書にして精神分析入門。

生き延びるためのラカン (木星叢書)の文庫

ツイートする