新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に

  • 477人登録
  • 3.34評価
    • (14)
    • (49)
    • (65)
    • (16)
    • (5)
  • 52レビュー
著者 : 小林弘人
  • バジリコ (2009年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862381293

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前にの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メディアは、プレス⇒ネットへ。
    そして、マス(マスコミ)vsマス(人)。誰でも発信できるようになる。
    メディア(出版)はどうやって生き残るのか?

    WEBが発展する方法は書いてあるが、コンテンツの解説になっていないか。

    「誰でもどこでもメディア環境」
    通信の融合(固定+移動)、記事タイアップ、広告記事、

  • 筆者がメディア(とくに紙メディア)の未来をテンポよくメッタ斬り!大企業出版社や既存流通業界に対してはこれでもかというほどの辛口なコメントでその存在意義を問う一方で、誰もがいつでもコンテンツを配信できる時代(=筆者は「誰でもメディア」と呼ぶ)において、本当の意味での「編集力(ストーリーを作りだす力)」が価値を持つともいう。情報氾濫時代において有限である人々のアテンションを奪い合う時代に突入している。「ハイパーローカル」と(か)「パーソナライぜーション」が勝ち続けるメディアに必要な視点とは納得。覚えておきたい引用箇所、多数あり。

  • 74,91,193まで

  • もっと早く読んでおけばよかったと思う面白さ。これからのメディアを考えるにあたり参考になります。

  • メディア論とは言っているが、雑誌や新聞などの「情報」のみの話であって、知識や思想などを提供する書籍はまた別の話といったスタンスの本。

    ネット世界で生き残るために必要な最低限の知識と心構えを教えてくれる。

    ただ、文章としては著者がいうようなパッケージされた書物のもつ特徴である内容の冗長性ではなく、一つ一つの話しが冗長になってしまっており少々読みづらいと感じた。

  • 「サイゾー」やギズモード・ジャパンを立ち上げた著者による日本におけるメディアのあり方や、米国の潮流についての説明。日経ビジネスオンラインに連載されていた内容をまとめただけ遭って必要以上に細かい内容が綴られている感じは否めないものの、ひとつの参考にはなるかな、という感じ。雑誌連載をまとめると焦点がぼやけがちになってしまうのはやむを得ないが「出版」に関する考え方はうなずける部分もあり。

  • 【資料ID】117440
    【分類】361.453/Ko12

  • メディア論の基礎を自分が理解できてないためか、ちょっと難しすぎた。インターネットの創世記の頃の動きの描写は面白く読めた。

  • こういった類の本は大半が色物であるため、大した期待もせずに手にとったのだが…大きな間違いだった。

    この本はセンセーショナルなタイトルとは裏腹に「何が滅びるか」より「何が生き残るか」について論じている。


    この本を手にとる時点で、旧来の(保守的な意味での)メディアや出版というものに強い興味があるだろう。

    もし、旧来のメディアに多少の関心もない人ならば大した話は得られない。

    旧来のメディアにどっぷり浸かってる(ある種羨望をもって)からこそ目を向けなかった多くの示唆が本稿にはある。
    本書は、少し真摯になって「今」のトレンドに目を向けさえすれば当たり前に感じれる「事実」をはっきりと示し、それがいかにして「事実」となり得たかを突き付ける。



    多すぎる(有益な)示唆をほとんど消化できてないから、図書館にいったん返却して、amazonで買って、それから要約でもしてみよう。
    示唆というのも文章の編集能力はいかがなものかだが、大切な部分をいかに享受出来るかは読み手の仕事。
    少なくとも自分にとってこの本は色物ではなかった。そう思えるのは本書が言っている事が単純に自分自身が求めるメディアの形であるからなのかもしれない。
    「bOING bOING」なんてまさに理想。

  • 紙媒体vsブログ、という構図でこれからのメディアが論じられています。TwitterやFBがブレイクする前の本なのですが、今のSNSの流行などを予見するような内容?かな。2~3年前に読むべきだったか。

全52件中 1 - 10件を表示

小林弘人の作品

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前にに関連するまとめ

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前にを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前にの作品紹介

新聞社の業績不振、雑誌の相次ぐ休刊など、メディア業界に逆風が吹き荒れるなか、出版はこれからどうなっていくのか?新聞、雑誌はウェブ時代においてもはたして生き残れるのか?インターネット登場以前からコンテンツ製作に携わり、雑誌『ワイアード』『サイゾー』、ウェブの人気媒体『ギズモード・ジャパン』を創刊、眞鍋かをりら有名人ブログ出版をプロデュースしてきたITメディア界の仕掛け人・小林弘人が、世界のウェブメディア最先端情報を紹介しつつ、今後メディアビジネスで成功するため必須のノウハウをおしげもなく公開。福音か、はたまた最後通牒か?次代メディアの運命を左右する衝撃の書。これを読まずして出版、メディア人は生き残れない。

ツイートする