Apple Design 1997-2011 日本語版 -ハードカバー-

  • 68人登録
  • 3.60評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : 平谷 早苗  株式会社Bスプラウト 
  • ボーンデジタル (2012年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862461407

Apple Design 1997-2011 日本語版 -ハードカバー-の感想・レビュー・書評

  • いいね!

    ボーンデジタルのPR
    「Appleのデザインチームが創出したプロダクトデザインを多面的に考察
    スティーブ・ジョブズ復帰後のAppleの快進撃を支えたのは、革命的なプロダクトデザインです。Appleのデザインチームが手がけるのは、単なる外見上のデザインではありません。Appleの輝かしい成功の裏には、何ものにもとらわれない自由な発想による、デザインそのものに対する考え方の改革がありました。

    iMacからiPod、iPhone、iPadに至るまで、1997年~2011年のジョナサン・アイブ率いるデザインチームが創出したAppleのプロダクトを豊富な写真資料と評論で考察していきます。

    Appleの歴史と戦略を考察した前半の解説パートでは、デザインの変遷と歴史、プロダクトデザインの基本原則とAppleプロダクト、BraunとApple、ディーター・ラムスとジョナサン・アイブ、素材とデザイン、良きデザインが生まれる環境を解説しています。後半は作品目録で、ジョナサン・アイブ率いるAppleデザインチームによる年代別のプロダクト写真集です。

    Appleファンにとどまらず、プロダクトデザイン、製品マーケティング、マネージメントに携わる人にとって、現在のAppleを読み解く手がかりになる1冊です。」
    http://www.borndigital.co.jp/book/2015.html

  • 思いがけず衝動買いしてしまった Apple の工業デザイン図録。Jonathan Ive が主導したあの衝撃の Bondi Blue iMac から iPhone4 に至るデザインの変遷を精緻に撮影された写真と論考で振り返る。

    Apple 製品の魅力がその「デザイン」にあることは周知だが、しかし、そのデザインの秘密が Apple 社内においてデザイン部門とテクノロジー部門が密結合していることにあるということは、あるいはあまり知られていないかもしれない。デザインのシンプルさは、テクノロジーの複雑さを覆い隠す皮相に過ぎず、また高度なテクノロジーは先進的なデザインを実現するための道具に過ぎない。コンピューターにしろ、MP3プレイヤーにしろ、携帯電話にしろ、Apple が「発明」したテクノロジーは何一つとしてない。Ive のデザインも(外観においては)Rams から大きくはみ出すものではない。しかし、テクノロジーとデザインを両者の最高点において融合することができた会社は Apple だけなのだ。

全3件中 1 - 3件を表示

Apple Design 1997-2011 日本語版 -ハードカバー-はこんな本です

ツイートする