ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-

  • 18人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 平谷 早苗  株式会社Bスプラウト 
  • ボーンデジタル (2014年6月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862462275

ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

全1件中 1 - 1件を表示

ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-を本棚に「積読」で登録しているひと

ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-の作品紹介

ゲームアートは、アート史における革命ではなく、進化形だ。

紙やカンバスを相手にする、コンピュータスクリーンに映し出す、どちらにしてもアーティストの使命は、フラットな四角形に奥行きを与え、生き生きとした世界を見せることだ。
基本の描画スキル、ライト、陰影、カラーからはじめ、複雑なキャラクターや世界の描き方へと進みます。古典のアート技法を基本として身につければ、プレイヤーにエモーショナルエクスペリエンスを提供できます。

本書は「Game Art: Classic to Cutting-Edge Art Techniques for Winning Video Game Design」(Watson-Guptill刊)の日本語版です。

ゲームアート -古典に学ぶキャラクターと世界の描き方-はこんな本です

ツイートする