コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション

  • 49人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 伊原力也  太田良典  株式会社Bスプラウト 
  • ボーンデジタル (2015年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862462664

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
伊賀 泰代
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションの感想・レビュー・書評

  • 目次は分かりにくくて損しているけれど、WAI-ARIAの解説書としては読みやすいほう

    HTML5アプリケーション開発に携わるエンジニアやデザイナーにとってWAI-ARIAは重要だと思いますが、W3Cによる Accessible Rich Internet Applications (WAI-ARIA) 1.0 自体を読んでも、ちょっと理解しづらいのですよね。

    『コーディングWebアクセシビリティ--WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーション』はとっつきやすい本です。

    細かいところですが、章見出しが(あまり日本人にないタイプの)若干面倒くさい感じで、どうにかならないのかとは思いました。「第4章 飛んでいこう」「第5章 いないいないばあ」「第6章 生きてる!生きてる!」とか… ただし、章扉(各章の冒頭ページ)を読めば各章の概要が書いてありますので、そこをご覧になるとよいと思います。例えば第4章の扉には

    > ページ内の移動やナビゲーションについて。ページ内に目印をつけて自由に移動することを可能にする「ランドマークロール」を中心に「ロール」を解説します。

    などと書かれています。

    「WAI-ARIAを勉強しようと思って、この本を手にとった人」に対しては、「ちょっと目次だけじゃ意味わからないかもしれないけど、そこで閉じずに1分ほど我慢してページをめくってみたらどうですか」とお伝えしたいと思います。

  • 請求記号 547.48/P 59

  • この本を読んで、自分はいかにWebアクセシビリティを考えてない手法を使ってきたかよく分かった。今度から、ウェブ制作するときには、WAI-ARIAなどのWebアクセシビリティを意識した作りをしていきたい。
    CSSをテスト的に使うという手法が面白かった。こういう使い方もあるのか。
    『Adobe Blank』という見えないフォントというのがあるのを初めて知った。CSSでの画像置換にも使えそう?
    ところで、ダイアログを閉じる時に、ダイアログを開いた時にフォーカスしていた要素にフォーカスを戻すという話で、ダイアログを開いた時に『var trigger = $(this).attr('id') ? $(this).attr('id') : 'origin'』、閉じる時に『$('#' + trigger).focus()』としてたけど、『var $trigger=$(this)』と『$trigger.focus()』でいいような。なぜこんな回りくどいことしてるんだろう。
    後、ビッグレッドボタンがよく分からなかった。

全3件中 1 - 3件を表示

コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションを本棚に「積読」で登録しているひと

コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションの作品紹介

HTML5+JavaScriptのモダンWebアプリをアクセシブルに!日本初!WAI‐ARIAの本格解説書。

コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションはこんな本です

コーディングWebアクセシビリティ - WAI-ARIAで実現するマルチデバイス環境のWebアプリケーションのKindle版

ツイートする