京都人だけが知っている

  • 41人登録
  • 3.28評価
    • (3)
    • (2)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 入江敦彦
  • 洋泉社 (2006年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862480026

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
入江 敦彦
入江 敦彦
有効な右矢印 無効な右矢印

京都人だけが知っているの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これ読んで京都に好感持てる人っているんだろうか。
    こんな人ばかりではないと思うけど。

  • 「京都人だけが知っている」2

    著者 入江敦彦
    出版 洋泉社

    p41より引用
    “それでなくくとも京都人は京都を世界の中心だと思っているが、
    こと料理に関しては揺ぎない自信を持っている。
    根拠なんか必要ない。なぜなら、ここが京都だからだ。”

     エッセイストである著者による、
    生粋の京都人が知る京都の深い部分を描いた一冊。
     食べるものについてから着物についてまで、
    京都で生まれ育った著者にしか書けないであろう、
    京都の奥深い物事が書かれています。

     上記の引用は、
    おばんざいについて書かれた章の一文。
    自分が世界の中心だというのは、
    まぁ誰にでもある気持ちだとは思います。
    しかしそれを表に出さないことで、
    周囲と上手くやっていくと言う所が本当の都会人だと、
    どこかで読んだことがある気がします。
    この意味で日本の都会人は京都人だけだとも、
    どこかで読んだような気がします。
     巻末に名所一覧が収録されているので、
    近々京都を訪れる予定のある方には、
    ガイドブックの様に使えなくもないのではないでしょうか。

    ーーーーー

  • 大学の先輩(ひとまわり以上上の)に借りて読んでます。

  • 京都の紹介本の中では最も好きな一冊。
    京都に行く時は読み返します。

  • 京都の人は「京都人」という人種である。京都は日本の中の外国である・・・。独特の文化と意識を持った京都人の秘密を語る本。「おばんざい」とは何かって初めて知りました。「京都でおばんざい食べよう」って恥ずかしくて言えない・・。

  • この本をもう何度も読破して夢見てるのに、一向に京都から仕事のお声がかからないの!(おまえ経費で行こうとしてるやろ)

  • 私は京都に56年暮らしていますが先の本を含めだいぶ賢くなりました。

  • その土地に生まれ育った人じゃないとわからないことってたくさんあって。
    良いことばかりじゃなくて禍々しいことも
    たくさんあって。
    そういうのを見せてくれて、だけど京都を
    愛してるのには違いないんだなと思わせてくれた本。

全8件中 1 - 8件を表示

京都人だけが知っているを本棚に「読みたい」で登録しているひと

京都人だけが知っているを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

京都人だけが知っているを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

京都人だけが知っているはこんな本です

京都人だけが知っているの新書

ツイートする