楽天市場がなくなる日 (洋泉社ペーパーバックス)

  • 52人登録
  • 2.76評価
    • (0)
    • (3)
    • (20)
    • (2)
    • (4)
  • 11レビュー
著者 : 宮脇睦
  • 洋泉社 (2006年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862480040

楽天市場がなくなる日 (洋泉社ペーパーバックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 楽天を痛快に批判してくれるのか!?と思いきや駄文乱文、内容もいまいち。。自社の宣伝をしたいのか、楽天へ駄目出ししたいのかよくわからん。

  • 楽天市場のビジネスモデルについて深く突っ込んだ内容です。

    楽天税に対する話や、退店したショップの話など。

    これから楽天市場にモール出店しようとしている人が見たら、出店する気を無くすかもしれません。

  • 後半はほとんど 著者の商売のことで
    楽天とは離れていました

    楽天が 定額から従量制に変えたとき
    多くの関係者が えーーーっと思ったと思います
    すごい値上げですからね

    その事が書かかれています
    あとは 楽天のずるさというか うまさみたいな所
    も書かれています

  •  これだけのアウトプットする力がほしい。
    内容はともかく。

  • 刺激的なタイトルとは違い、冷静に今の楽天に出店するメリット、デメリットを教えてくれます。
    また、モールに頼らず、自社サイトで生き残る方法も教えてくれます。
    よく研究されています。

  • 起業の成功の鍵はビジネスモデルにあることをまざまざと見せつけられた。これでもかと言うぐらい緻密な作戦が今の楽天を支える一方で巨大になりコントロールが簡単にできなくなりつつある現実があることを示唆する。これからの三木谷氏から目が離せなくなる様になる一冊。

  • 特に目新しい内容ではなかった。

  • SEOの本として参考になる!

  • 書籍トータルでは「著者の言いたいこと」をえんえんと言い続けているだけ、なのですがその過程で楽天についてのエトセトラな情報を拾おうと思えば拾えます。

  • ネットショップで儲けるには、客を集めることが大事だが、楽天市場では粗利が低く苦しいらしい
    スーパーポイントも店の負担になっているそうだ

全11件中 1 - 10件を表示

楽天市場がなくなる日 (洋泉社ペーパーバックス)を本棚に登録しているひと

楽天市場がなくなる日 (洋泉社ペーパーバックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

楽天市場がなくなる日 (洋泉社ペーパーバックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

楽天市場がなくなる日 (洋泉社ペーパーバックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

楽天市場がなくなる日 (洋泉社ペーパーバックス)はこんな本です

ツイートする