自治体連続破綻の時代 (Yosensha Paperbacks)

  • 20人登録
  • 3.82評価
    • (4)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 松本武洋
  • 洋泉社 (2006年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862480842

自治体連続破綻の時代 (Yosensha Paperbacks)の感想・レビュー・書評

  • 著者は地元の議員(2010年現在は市長)。
    それだけの理由で読んでみたが、内容は非常にすばらしかった。さすがに編集者としても仕事をしているだけあって、大変わかりやすい記述を心がけているのが伝わってくる。

    本書は地方行政についての入門書的な役割を果たすと思う。実際、特に本書の前半部分については、どの文章も地方行政を理解するために重要かつ基本的な内容を含んでおり、思わず下線を引いたり書き込みをしたりと、普段しない読み方をしてしまった。

    また、後半に述べられている行政を監視する方法についても面白い。会計について解説している部分は、まったくの門外漢である自分にとって少し読みにくい部分もあったが、おおむね方法については理解できた。しかも、自分の住んでいる和光市を例に、周辺4市との比較も出ており、これに一番興味があったので、自分で調べる手間が省けてよかった。

    予備知識なしでも読め、かつ具体的な記述でメディアリテラシーの涵養という観点からも有用であると思われる。20歳になり、選挙権を持ったら読んでみてほしい1冊である。

  • 自著。
    自治体が抱える問題点をまとめ、整理し、一般の人に理解できるように問題提起したもの。
    少し時間が経過してしまったものの、自治体問題を考える人に読んでいただきたい一冊。

    また、自治体財政のイロハについてもかみ砕いて説明した。

    財政健全化法に未対応であることを念頭にご覧いただければと思います。

  • 現職の市議会議員が書いた、自治体の財政についての本。前半部で夕張を例にした自治体の破綻についての現状を解説。後半では公会計制度や自治体の財政について細かく説明されている。
    危機感を煽るような部分もあるが、これは決して誇張でないし、また一般には専門用語や特殊な制度で理解しにくい地方財政制度をわかりやすく解説している。

  • 地方自治スタディ第一弾。国もやばいが地方はもっとやばい。

全4件中 1 - 4件を表示

自治体連続破綻の時代 (Yosensha Paperbacks)はこんな本です

ツイートする