「タバコは百害あって一利なし」のウソ (新書y)

  • 29人登録
  • 3.36評価
    • (1)
    • (4)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 武田良夫
  • 洋泉社 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862481658

「タバコは百害あって一利なし」のウソ (新書y)の感想・レビュー・書評

  • 今日のタバコ•バッシングについて、種種のアプローチから検証している本。
    統計の見方、近代医学の考え方、マスコミの喧伝の仕方などなど、面白いなと思う内容が多い。
    断言するような表現が殆どない点に好感がもてる。

  • <以下、抜粋>
    タバコ依存性(ママ)のメカニズムはこうだ。喫煙を続けると脳内にニコチン受容体の増加が起こる。
    吸うタバコの量が増えるとそれに比例してニコチン受容体数がつぎつぎと増加し、脳内に構造的な変化が起こる。
    ニコチンという薬物への依存度が高まった人で、ニコチンの血中濃度が低下すると、自分の意思に関係なく条件反射的にタバコに火をつけたりする。
    (略)
    喫煙により、ニコチンが体に供給され続けると、ニコチンの「神経伝達物質」が、その人本来の「神経伝達物質」に入れ替わって、ニコチンで中枢神経機能を代用するようになる。
    それゆえ、タバコをすうことにより、神経活動が活発になったり、癒されたりするのだ。反面、血液中のニコチン濃度が低下すると脳活動レベルの低下を招き、いらいらしたり、不安感を引き起こす。
    こうしたドパミンの放出や脳内ドパミン系活性化のメカニズムは、モルヒネ、ヘロイン、コカイン、アンフェタミンなど、日本で「麻薬及び向神経薬取締法」、および「覚せい剤取締法」の対象として指定されている薬物と同じであることを知る人は少ない。
    自分の大切な神経中枢をタバコにのっとられているのに、それを「タバコの効用」だと錯誤認識している。

  • [ 内容 ]
    タバコは予防できる最大の死の要因!
    タバコの侵略的性格が受動喫煙の害を生み出す!
    タバコは依存性があるから喫煙者は病人!
    それどころか喫煙者は無用な社会的コストをかけている!
    ―なぜここまでタバコはバッシングされる存在になったのか?
    拡大し続けるタバコ有害論の根拠をいま一度問うため、疫学・近代医学観・歴史・産業などさまざまな角度から喫煙と健康の問題を照射。
    そのうえで、なかったことにされている喫煙の効用を改めて検証する。
    「なぜ人はそれでもタバコを吸うのか」の答えがここにある。

    [ 目次 ]
    第1部 なぜ「百害あって一利なし」といわれるようになったか(こうしてタバコ・バッシングは拡大した たばこ好きの国民が世界一長寿 「近代(西洋)医学」というパラダイム すべてはアメリカから)
    第2部 「害」あるものには「益」がある(人はなぜたばこを吸うか 日用品化したシガレットの功罪)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 完全に「題名負け」の一冊。この本の論点は単に「一利もない(=禁煙ファシズム)」というのは言いすぎでしょう、という程度のもので、決して愛煙家に胸を張って喫煙させるほどの理論的根拠を与えてくれるものではない。喫煙にもこれまでの常識を覆すほどの効用があった!というような「ウソ」の暴き方ではなく、感覚的・情緒的な効用があるという程度の、喫煙者なら誰もが言いそうな効用を精神科医や解剖学者、哲学者の著作からの引用をパッチワークして論文らしくしたもの。海外の禁煙運動の素描を通して、禁煙運動の極端に走る傾向を再考できるかもしれないが、近代西洋医学やアメリカを批判する展開も“今さら”というか”ありきたり”というか、批判の矛先もやや散漫な印象。断言を避ける表現も何ヵ所か見られ、説得力に乏しいが、キセル・パイプに比べタバコが吸引や携行の点で簡便で大衆化したことからTPOを失いやすく喫煙者のマナーが問われやすいという高田公理氏の指摘の紹介は参考になった。「あとがき」から読んでみて、読み続けるかどうか判断されたほうがいい。大学生の卒論として読むなら楽しめるのでは。

全5件中 1 - 5件を表示

「タバコは百害あって一利なし」のウソ (新書y)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「タバコは百害あって一利なし」のウソ (新書y)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「タバコは百害あって一利なし」のウソ (新書y)を本棚に「積読」で登録しているひと

「タバコは百害あって一利なし」のウソ (新書y)はこんな本です

ツイートする