「炭素会計」入門 (新書y)

  • 32人登録
  • 3.64評価
    • (3)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 橋爪大三郎
  • 洋泉社 (2008年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862482600

「炭素会計」入門 (新書y)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (大学時代に書いた書評が出てきた)

    「炭素会計」とは、個人や企業のどんな経済活動がどれだけ炭酸ガスを排出したかを計量し、それぞれの部門や経済主体ごとに集計してその責任を明らかにするものである。そして筆者はこの炭素会計を、毎年度個々人に割り当てられた炭酸ガス排出量に基づき、基準を超えていれば課徴金を支払い、下回っていればボーナスをもらう、という仕組みとして運用されるべきだと主張する。

    分解できない炭酸ガスを原因とする地球温暖化が今までの局所的な環境問題とは質が違うという説明は納得がいき、炭素会計の導入(本書によるとイギリスではすでに検討されているようだが)も今後必要であるように感じた。

    ただ、本書は「炭素会計入門」という名を冠しているが、筆者が地球温暖化問題について執筆した雑誌掲載論文を集めたものであり、炭素会計に関する記述はそれほど多くはない。中心となる記述はこれからの温暖化社会に日本が取るべき国家戦略の提案であったと思うが、ばらばらの論文であるせいか一冊通して読んでも要点をつかみにくい本であった。

    本書は洞爺湖サミット前に出版されたものである。洞爺湖サミットでは福田首相が筆者の求めるようには国際社会をリードできず、その福田首相も辞任してしまったが(ちなみに第一章の政策提案は安倍首相に対してなされていました)、本書が提案するような2100年までを見据えた温暖化対策を本気で考える政権がいつ日本に現れるのだろうかと気になるところです。

  • [ 内容 ]
    二一世紀の環境危機は、これまでの公害や環境問題とわけが違う。
    公害は、有害物質が排出され被害が生じる問題だから、有害物質を出さないようにすれば解決できた。
    だが、地球環境の危機は、地球が暖まるという問題だ。
    エネルギーを消費する限り、熱が発生し、炭酸ガスなど温室効果ガスのせいで、大気圏に蓄積していく。
    これを防ぐ唯一の方法は、炭酸ガスの排出を大幅にカット以外にはない。
    不平等条約である「京都議定書」の失敗を繰り言のように並べるのではなく、省エネ大国・日本だからこそできる「炭素税」「炭素会計」「炭素隔離技術」のプランを大胆に提言し、日本発の国際標準こそ日本のビジネスチャンスを広げる道であることを明らかにする。

    [ 目次 ]
    第1章 ポスト京都議定書の戦略を構築せよ(ポスト京都議定書に各国がいっせいに動き出した 洞爺湖サミットは環境危機が最大テーマ ほか)
    第2章 グリーン・ジャパンに舵を切れ(新しい時代の幕開け 求められる合意形成とは ほか)
    第3章 「炭素会計」が、温暖化対策の切り札だ(わずか数十年分しか大気中の炭酸ガスをふやすことができない 炭酸ガスの総重量を人類は管理できるか ほか)
    第4章 温暖化の国際戦略はこれだ(温暖化の国家戦略なき日本 技術競争力こそ唯一の活路 ほか)
    第5章 「低炭素文明」建設には日中の協力が必要だ―胡鞍鋼VS.橋爪大三郎(食品の安全性をどう高めるか 世界でもっとも果敢な削減計画 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 炭素の話も会計の話もないけど思想として、指針として非常に面白いし、この軸で様々な制度を再構成したらどうなるだろうかとイマジネーションがあふれる一冊。

  • 地球温暖化の主原因である炭素に特化した対策として炭素削減法を大胆に提案している。炭素税などもそろそろ受け入れられていい時期に来たかなという印象を受けた。本当に効果のある対策は何か、新しいパラダイムは何かを考えるきっかけとして◎。

全4件中 1 - 4件を表示

橋爪大三郎の作品

「炭素会計」入門 (新書y)の作品紹介

二一世紀の環境危機は、これまでの公害や環境問題とわけが違う。公害は、有害物質が排出され被害が生じる問題だから、有害物質を出さないようにすれば解決できた。だが、地球環境の危機は、地球が暖まるという問題だ。エネルギーを消費する限り、熱が発生し、炭酸ガスなど温室効果ガスのせいで、大気圏に蓄積していく。これを防ぐ唯一の方法は、炭酸ガスの排出を大幅にカット以外にはない。不平等条約である「京都議定書」の失敗を繰り言のように並べるのではなく、省エネ大国・日本だからこそできる「炭素税」「炭素会計」「炭素隔離技術」のプランを大胆に提言し、日本発の国際標準こそ日本のビジネスチャンスを広げる道であることを明らかにする。

「炭素会計」入門 (新書y)はこんな本です

ツイートする