臨床哲学の知 ~臨床としての精神病理学のために

  • 22人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 洋泉社 (2008年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862482709

臨床哲学の知 ~臨床としての精神病理学のためにの感想・レビュー・書評

  • 木村敏さんの読みものは面白い。

  • 【ジュンク堂書評】
    客観的な書斎の哲学から、自らを巻き込む現場性をまとった哲学へ!哲学は自から哲学を促じめて哲学となり、臨床は自ら臨床を促す哲学の力によってはじめて臨床になる。―現場の精神科医として、一貫して自己と患者との「あいだ」で「個別化の原理」を追い求める著者が、「臨床哲学」の場所から現代科学にパラダイムチェンジを促す語り下ろし。

  • 離人症についてここまで論じている本に初めて出会った。

    僕は離人を何回も経験してきた。これは中々理解されない症状なんだ。

全3件中 1 - 3件を表示

臨床哲学の知 ~臨床としての精神病理学のためにを本棚に「読みたい」で登録しているひと

臨床哲学の知 ~臨床としての精神病理学のためにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

臨床哲学の知 ~臨床としての精神病理学のためにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

臨床哲学の知 ~臨床としての精神病理学のためにを本棚に「積読」で登録しているひと

臨床哲学の知 ~臨床としての精神病理学のためにの作品紹介

哲学は自ら哲学を促す臨床の場によってはじめて哲学となり、臨床は自ら臨床を促す哲学の力によってはじめて臨床となる。-現場の精神科医として、一貫して自己と患者との「あいだ」で「個別化の原理」を追い求める著者が、「臨床哲学」の場所から現代科学にパラダイムチェンジを促す語り下ろし。

臨床哲学の知 ~臨床としての精神病理学のためにはこんな本です

ツイートする