家族内殺人 (新書y)

  • 16人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 洋泉社 (2009年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862483881

家族内殺人 (新書y)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    普通の人がなぜ家族を殺すのか?
    日本が変質している、日本の古き良き伝統が失われているといった言説が蔓延している。
    日本の家族崩壊が進んだ結果、家族内殺人が頻発するとんでもない時代になってきた、と。
    だが、それは本当だろうか?
    犯罪者処遇の現場体験と犯罪統計の両方に精通するメンバーが少年による親殺し、児童虐待による子殺し、嬰児殺人、高齢者による殺人、無理心中やDV殺人など家族内殺人を加害者の実態に即して検証する。

    [ 目次 ]
    第1章 家族内殺人の動向はどうなっているのか
    第2章 少年による親殺しはどうなっているのか
    第3章 データから読み解く子殺しと児童虐待
    第4章 嬰児殺の動向と背景を考える―女子少年による嬰児殺を中心に
    第5章 高齢者の殺人は今日の社会を映す鏡である
    第6章 無理心中・DV・子殺しの場合
    第7章 殺人を犯した者の再犯と更正はどうなっているのか
    第8章 メディア等で報道されている家族内殺人・年表

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 巻末の「メディア等で報道されている家族内殺人・年表」が秀逸。
    1946年~2008年までの報道の多かった家族内殺人の概要が一気読みできる。

全2件中 1 - 2件を表示

家族内殺人 (新書y)はこんな本です

ツイートする