プロ野球「戦力外通告」 (新書y 232)

  • 53人登録
  • 2.80評価
    • (1)
    • (4)
    • (8)
    • (4)
    • (3)
  • 4レビュー
  • 洋泉社 (2010年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862485328

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
落合博満
吉井 理人
有効な右矢印 無効な右矢印

プロ野球「戦力外通告」 (新書y 232)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 期待されて入団しつつも結果を残せず戦力外通告された選手たちのその後を描く。TBSの「バース・デイ」などでも同様の企画があるけど、場合によっては20代中盤で「戦力外」ってリストラされてしまう業界かと思うと本当に壮絶。ましてほとんどの人が10年も働けないで消えて行くということを考えるとリスキーだよなぁ。野球選手だって人間なんだよ、と非常にその存在を身近に感じることができる一冊です。

  •  それぞれプロ野球ファンなら一度や二度は必ず名前を聞いたことのある選手ばかり。それゆえ注目度も高く思うような成績を残せないプレッシャーもあったと思う。しかし、これらの選手は、「戦力外」とされた中である程度知名度も高かったから、こうしてその後を本に取り上げられている。この何千倍もの選手が人知れず消えて行っているはずだから、その数と同じだけ「その後」の長い人生があるわけだ。
     いかにプロ野球界が厳しい世界なのかということを感じずにはいられない。

  • 【No.150】元プロ野球選手、野口茂樹、川口知哉、大野倫、吉岡雄二、正田樹、寺本四郎の6人の戦力外通告後の人生を追った本。「周りの人に影響を与えないようにすること、引きずらないこと。反省も大事だけど、落ち込んでいる姿を人に皆に見せちゃいけないことの大切さを学んだ」「悩みとか、自分で処理してしまうタイプ。周りには弱い自分を見てほしくない。だから勘違いもされてしまう」「気取らないし、懐も深い。痛みを知った分だけ、今は笑顔が絶えない」

  • 「戦力外通告」から這い上がる男たち!プロ野球は結果がすべての世界―。それゆえ、毎年多くの選手が「戦力外通告」を受ける。ある選手は野球を続けるために海を渡り、またある選手は野球とはまったく違う職種に就く。彼らに共通しているのは苦悩や葛藤がありながらも、人生をあきらめず、前へと進んでいること。野口茂樹、川口知哉、大野倫、吉岡雄二、正田樹、寺本四郎。一度は「クビ」になった6人の“その後”に迫る。 入団前には大きな期待をされ、ある者は一時、あるいは長い間活躍し、ある者はほとんど活躍できないまま、退団していく。そんな6人の選手の「現在」はそれぞれですが、これからも応援していきたいと思わせる一冊です。

全4件中 1 - 4件を表示

プロ野球「戦力外通告」 (新書y 232)に関連する談話室の質問

プロ野球「戦力外通告」 (新書y 232)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

プロ野球「戦力外通告」 (新書y 232)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プロ野球「戦力外通告」 (新書y 232)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プロ野球「戦力外通告」 (新書y 232)を本棚に「積読」で登録しているひと

プロ野球「戦力外通告」 (新書y 232)はこんな本です

ツイートする